連載
» 2008年10月17日 00時00分 公開

VMware Infrastructure 3ソフトウェアの体系と入手VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(2)(3/4 ページ)

[ヴイエムウェア株式会社,@IT]

ソフトウェアの入手

 それでは実際に、VMware Infrastructure 3のソフトウェアを入手してみよう。VMware Infrastructure 3のソフトウェアはすべてダウンロードによる入手が可能である。ライセンスは国内の販売パートナー経由で購入できる。

VMware Accountの作成

 VMwareのソフトウェアをダウンロードするにはVMware Accountの取得が必要である。すでにVMware Accountを保有されている方は、本セクションは飛ばしていただいて構わない。

 VMwareの製品評価のリクエストを行うため、Webブラウザを起動してhttp://www.vmware.com/download/vi/eval.htmlにアクセスする。右上に「New to VMware?」という箇所が表示されるので、ここで「First Name」(名)、「Last Name」(姓)、「Email」(電子メールアドレス)を入力し「Continue」を選択する。

製品評価リクエストのための情報入力画面 図3 製品評価リクエストのための情報入力画面

 必要事項を入力し、VMware Infrastructure 3 End User License Agreementの内容を確認する。VMwareInfrastructure 3 End User License Agreementの内容に合意できる場合は「I agree to the terms and conditions outlined in the VMware Infrastructure 3 End User License Agreement.」のチェックボックスをチェックし「Register」を選択する。

ライセンス契約を許諾して「Register」を押す 図4 ライセンス契約を許諾して「Register」を押す

 すると上記で入力した電子メールアドレスにメールが送信されるはずだ。そのメールにアクティベーション用のリンクが記入されているため、これを選択して登録を完了させる。以下はアクティベーションメールの本文である。

アクティベーションメールの本文 図5 アクティベーションメールの本文

ソフトウェアのダウンロード

 アクティベーション時にリダイレクトされるページからダウンロードを行っても良いが、日本語版のソフトウェアを利用したい場合は日本語のホームページからダウンロードサイトにアクセスする。

 まずVMware K.K.のホームページ(http://www.vmware.com/jp/)にアクセスする。ページ右上に「ダウンロード」というリンクがあるのでこちらを選択する。

VMware K.K.のWebにおけるダウンロードへのリンク 図6 VMware K.K.のWebにおけるダウンロードへのリンク

 ダウンロードのページに到達するため、ここでVMware Infrastructure 3のダウンロードを選択する。

ダウンロードページ 図7 ダウンロードページ

 するとVMware Infrastructure 3のダウンロードページに移動する。ここからVMware ESX、VMware VirtualCenter、VMware Consolidated Backupのダウンロードを行う。以下の画面イメージは本稿執筆時点のものであるが、入手時における最新バージョンをダウンロードされることを推奨する。なおVMware ESXiについては別稿で解説予定であるため今回は取り扱わない。

必要なソフトウェアをダウンロード 図8 必要なソフトウェアをダウンロード

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。