連載
» 2014年01月27日 18時00分 公開

iOS 7の新機能iBeaconやマルチタスキング、ネットワーク周りの機能を使うための記事12選ここが変わった! iOS 7まとめのまとめ(終)(2/4 ページ)

[@IT編集部,協力:「Developers.IO」クラスメソッド株式会社]

iOS 7の新機能「マルチタスキング」を使うアプリを作る

 iBeacon同様、iOS 7の新機能として注目の「マルチタスキング」。ブログ記事「[iOSとAndroid機能比較] マルチタスキング」では、その概要をAndroidと比較して紹介しています。

 下記画像は、ブログ記事からの引用です(画像をクリックすると引用元のページに遷移します)。

サンプルアプリの動作確認(ブログ記事「[iOSとAndroid機能比較] マルチタスキング」より引用)

 ブログ記事では、他にもバックグラウンド動作のために必要なクラスとして「Foundation.framework」の「NSURLSession」「NSURLRequest」クラスを紹介しています。

 NSURLSessionについてのブログ記事は、後ほど紹介するとして、ここではマルチタスキングで具体的にどんなことができるようになるのかについてのブログ記事を2つ紹介します。こちらの2つでもNSURLSessionが紹介されています。

 ブログ記事「[iOS 7] [MultiTasking] バックグラウンドで定期的にフェッチ処理を実行する」では、以下のように説明しています。

iOS7からバックグラウンドで定期的にフェッチ処理を実行することができるそうです。この機能を利用すれば、ネットワークから定期的にコンテンツを取得する必要のあるアプリでは、バックグラウンドで新しいコンテンツがあるかどうかチェックしてダウンロードしたりできるようです。

バックグラウンドで定期的にフェッチ処理を実行するために必要な手順は以下の通りです。

  1. プロジェクト設定でBackground fetchを有効にする
  2. 最小のフェッチ間隔を設定する
  3. application:performFetchWithCompletionHandler:メソッドを実装する

 下記画像は、ブログ記事からの引用です(画像をクリックすると引用元のページに遷移します)。

サンプルアプリの動作確認(ブログ記事「[iOS 7] [MultiTasking] バックグラウンドで定期的にフェッチ処理を実行する」より引用)

 また、ブログ記事「[iOS 7] [MultiTasking] プッシュ通知をトリガーにコンテンツをダウンロードする」では、以下のように説明しています。

iOS 7からプッシュ通知をトリガーにバックグラウンドでコンテンツのダウンロードが実行することができるそうです。 この機能を利用すれば、ネットワークから定期的にコンテンツを取得する必要のあるアプリでは、サーバに変更があった際にプッシュ通知を送信し、iOS端末はバックグラウンドで新しいコンテンツがをダウンロードしたりできるようです。

プッシュ通知をトリガーにバックグラウンドでコンテンツのダウンロードを実行するために必要な手順は以下の通りです。

  1. プロジェクト設定でRemote notificationsを有効にする
  2. application:didReceiveRemoteNotification:fetchCompletionHandler:メソッドを実装する

 下記画像は、ブログ記事からの引用です(画像をクリックすると引用元のページに遷移します)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。