連載
» 2015年01月19日 18時30分 公開

デザインネタをWebで探す人が知っておきたい、日ごろのネタ収集と活用を効率化する4つのアプリスマホカメラとタッチで変わる制作現場(1)(2/3 ページ)

[岡本紳吾,hatte Inc.]

ブラシも外出先でサクッと作成、ネタ「ブラシ」作りにも活用できるAdobe Brush

 「Adobe Brush CC」(以下、Brush)はカメラを使って「ブラシ」(筆)を作ることができるアプリだ。これまでPhotoshopのブラシ作りは、Photoshop上で何らかの元となる絵を描いて、それを「ブラシ」として設定するといった作業が必要だった。Brushはそういった面倒な部分をアプリ上で行えるようになっている。「ブラシ」専用のアプリなので操作もごく限られた状態になっており、すぐに使いこなせる。

 「ブラシ」は写真を撮影して、ブラシにしたい部分を選び、始点と終点、その間の部分を設定するだけだ。

 背景を抜きやすいような写真を取ると編集しやすい。

 「ブラシ」を作る際に白色を抜く機能があるので、ホワイトバックで撮影するのが一番良いようだ。壁紙や影が写り込んでいる場合は指でなぞって消すことになる。

 また、レンズを伸ばすような「ブラシ」も作ることができる。

 この応用として人を「ブラシ」化することもできる。他にはラーメンの麺を「ブラシ」化している例もある。

 作成したカメラ「ブラシ」は、すぐに他のアプリにも同期され、IllustratorやPhotoshop、iPad用のモバイルスケッチアプリ「Adobe Photoshop Sketch」で利用できた。

作成した「ブラシ」をPhotoshopで活用している例

 なおBrushでは、どのアプリ向けに「ブラシ」を作るかという設定をしておく必要がある。設定外のアプリではライブラリに表示はされるが利用はできないので注意が必要だ。

Photoshop用に「ブラシ」設定しないので、Photoshopで活用できない例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。