連載
» 2015年05月14日 05時00分 公開

第2回 TFVCチームプロジェクトの利用連載:TFVC vs Git(4/6 ページ)

[亀川和史,著]

TFVCでコードの変更を追跡する

コードの修正とチェックイン

 次はTFVCでの修正変更と追跡について解説を行う。チェックインしたソースファイルから_Layout.cshtmlファイルとHomeControllers.csファイルを修正し、どのように変更の追跡を行うかを確認する。まずは_layout.cshtmlファイルの変更箇所を示す。

ソースコードの修正1 ソースコードの修正1
  (1)タイトルとフッターのメッセージの変更を行った。

 _Layout.cshtmlファイルではタイトルとフッターの部分の修正を行った。HomeControllers.csファイルでは以下の部分を変更した。

ソースコードの修正2 ソースコードの修正2
  (1)About([詳細]タブ)に表示されるメッセージとContact([連絡先]タブ)に表示される連絡先の変更を行った。

 HomeController.csファイルではViewBag.Messagesプロパティに代入する文字列を変更する。変更したソースはソリューションエクスプローラーでファイル名の先頭がチェック状態になっており、自動的にVS Onlineからチェックアウトされた状態になる。

 変更が終了したら、全てのファイルを保存して、チェックインを行う。先ほどと同様にソリューションファイルを右クリックして、コンテキストメニューから[チェックイン]を選択する。すると、チームエクスプローラーの表示が次のようになる。

TFVCの変更セット確定 TFVCの変更セット確定
  (1)変更のコメントを登録する。
  (2)関連する作業項目を指定する。
  (3)チェックインに含まれる変更が列挙されている。

 今度は変更されたファイル二つのみが含まれる変更が選択された状態になっている。最初のチェックイン同様、コメントを記入して、関連作業項目を選択して[チェックイン]ボタンをクリックする。

 関連作業項目もチェックインコメント同様に、登録することを強く推奨する。本連載では紹介しないが、関連付けを行っておくと、後から作業量の計測やチームメンバーの作業進捗状況がVS Onlineで可視化されるため、メンバーや管理者にも作業状態がすぐ分かるようになる。

 次に、二度のチェックインでコードにどのような変更があったのかを確認する方法を見てみよう。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。