連載
» 2015年09月18日 05時00分 公開

Active Directory証明書サービスでセキュアな公開鍵基盤を構築する(2)基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(11)(3/3 ページ)

[阿部直樹(Microsoft MVP for Hyper-V),@IT]
前のページへ 1|2|3       

CRL公開期間を構成して公開する

 「証明書失効リスト」には公開期間が設定されており、期間を過ぎると無効になる。特にルートCAは通常オフラインルートCAとして構成するので、公開期間を過ぎる前にオンラインにして新たにCRLを公開する必要がある。よって、この公開期間はオフラインルートCAをオンラインにしてCRLを公開する運用タスク間隔を意味する。CRLの公開期間の設定手順は、以下のようになる。(1)RootCA配下の「失効した証明書」を右クリックして、「プロパティ」を選択する。

(2)「失効した証明書のプロパティ」画面が開くので、「CRL公開のパラメーター」タブでCRL公開期間を設定する。今回は「1年」を設定する(画面5)。

画面5 画面5 「失効した証明書のプロパティ」の「CRL公開のパラメーター」タブでCRLの公開期間を「1年」に設定する

(3)RootCA配下の「失効した証明書」を右クリックして、「すべてのタスク」から「公開」を選択する。

(4)「CRLの公開」ダイアログボックスで、「OK」をクリックする。

 以上の設定で、有効期間「1年」でCRLが公開される。

 CRLおよびAIAは発行CAのWebで公開するので、エクスプローラーを開き「C:\Windows\System32\CertSrv\CertEnroll」を参照して、全てのファイル(.crlおよび.crt)を発行CAにコピーする。

「ルートCAの証明書」をドメインに参加しているメンバーに配布する

 今回作成した証明機関(CA)を使用する全クライアントの「信頼された証明機関」には、「ルートCAの証明書」を配布する必要がある。なお、ドメインに参加している証明機関は自動的にActive Directoryに登録されるので、クライアントにも「ルートCAの証明書」が自動的に配布される。

 しかし、今回構成したルートCAはドメインに参加していないため、以下の手順で「ルートCAの証明書」を配布する。

(1)スタートメニューから「証明機関」を起動し、「certsrv−[証明機関(ローカル)]」コンソールの左ペインにある「RootCA」を右クリックして、「プロパティ」を選択する。

(2)「RootCAのプロパティ」ダイアログボックスの「全般」タブで、「証明書の表示」をクリックする。

(3)「証明書」ダイアログボックスで、「詳細」タブをクリックする。

(4)「詳細」タブで、「ファイルにコピー」をクリックする。

(5)「証明書のエクスポート」ウィザードが起動するので、「次へ」をクリックする。

(6)「エクスポートファイルの形式」ページで「DER encoded binary X.509(.CER)」を選択し、「次へ」をクリックする。

(7)「エクスポートするファイル」ページで「参照」をクリックする。「ファイル名」テキストボックスに「RootCA」と入力し、「保存」→「次へ」の順にクリックする。

(8)「完了」をクリックして、「OK」を3回クリックする。

 以上の操作で作成されたファイルを発行CAとドメインコントローラーにコピーすればよい。

ルートCAのDNSホストレコードと共有を構成する

 「ルートCAの証明書」をドメインのメンバーに配布できたら、最後にルートCAをDNS(Domain Name System)で検索できるようにAレコードを登録する。

 さらに、ファイルをやりとりできるように、コントロールパネルの「ネットワークと共有センター」で「共有の詳細設定の変更」をクリックし、「ゲストまたはパブリック(現在のプロファイル)」の下にある「ファイルとプリンターの共有を有効にする」オプションをオンにする。

 ここまでの設定で、ルートCA(スタンドアロンCA)の構築は完了だ。次回は、発行CAの構築手順を解説する。

筆者紹介

阿部 直樹(あべ なおき)

マイクロソフト トレーナー アワード(2010年)およびMicrosoft MVP for Hyper-V(Apr 2010 - Mar 2016)を受賞。個人ブログ『MCTの憂鬱』でマイクロソフト関連情報を発信中。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。