連載
» 2015年10月08日 05時00分 公開

DHCPとは何か――ルーターでDHCPサーバーを稼働させるための設定方法や仕組み、シーケンス、メッセージの種類、リレー、リース期間CCENT/CCNA 試験対策 2015年版(24)(2/3 ページ)

[ドヴァ 齋藤貴幸,@IT]

DHCPの設定と動作確認のコマンド

設定コマンド

 シスコシステムズのルーターでDHCPサーバーの機能を実装する場合、一般的には以下の項目を設定します。

図3 DHCPの設定コマンド

検証

 DHCPによるアドレス割り当ての動作確認に使用するコマンドは「R1#show ip dhcp binding」です。

図4 アドレス割り当ての動作確認コマンド

 後述のMACアドレス固定アドレスの割り当て方式とは異なり、IPアドレス割り当てに制限時間があります。また、割当方法はアドレスプールの一覧の中から未使用のアドレスを順次割り当てる「Automatic」です。

 DHCPサーバーがクライアントと交換したDHCPメッセージの統計情報を確認するには「R1#sh ip dhcp server statistics」コマンドを使用します。

図5 DHCPメッセージの統計情報を表示するコマンド

MACアドレスによる固定割り当て

 MACアドレスにより、割り当てるIPアドレスを固定できます。設定は図6のようにコマンド入力します。注意事項は「他のDHCPプールでnetwork指定したネットワークとhostコマンドで設定するIPアドレスは重複させてはいけない」という点です。

図6 MACアドレスによる固定割り当て

 MACアドレスにより固定的にIPアドレスを割り当てます。MACアドレスとIPアドレスが1対1の関係となるので、IPアドレスの割当期限は「Infinite(無限)」です。割当方法はMACアドレスに基づく手動設定であるため「Manual」と表示されます。

図7 固定割り当ての例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。