特集
» 2016年09月23日 05時00分 公開

第1回:Xamarinでアプリを作ろう特集:Visual StudioとXamarinで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発(5/5 ページ)

[山本康彦,BluewaterSoft/Microsoft MVP for Windows Development]
前のページへ 1|2|3|4|5       

5. さらに先へ……

 最後に、この先へ進むために役立つ情報を挙げておこう。

XamarinでUIを作る2通りの方法

 今回はXamarin.FormsでUIを作った。もう1つ、Xamarinには「ネイティブUI」もある(一般には「Xamarin Native」と呼ばれるが、「ネイティブコード」と紛らわしいので本稿では「ネイティブUI」と呼ぶ)。

 ネイティブUIは、ネイティブな(=各プラットフォーム固有の)UIコントロールを利用するという意味だ。Xamarin.Forms以前からあるネイティブUIは、「Traditional Xamarin approach」(従来型のXamarinアプローチ)とも呼ばれる(次の画像)。

ネイティブUIとXamarin.Forms ネイティブUIとXamarin.Forms
Xamarin社のJames Montemagno氏によるスライド資料「Introduction to Xamarin.Forms」より。
左: ネイティブUI(Traditional Xamarin approach)。
右: Xamarin.Forms。
ネイティブUIでは、プラットフォームごとにUIを作る。Xamarin.FormsのUIは共通である。

 ネイティブUIとXamarin.Formsの違いを簡単にまとめると、次の表のようになる。

ネイティブUI Xamarin.Forms
使えるUIコントロール プラットフォームに用意されているUIコントロールの全て プラットフォームに共通するUIコントロールのみ
UIを記述する場所 プラットフォームごとのプロジェクト 共通のプロジェクト
表 ネイティブUIとXamarin.Forms
プラットフォームに適したUIを作りたいならネイティブUIがよいだろう。UIを共通にして素早く開発したければXamarin.Formsが適している。なお、Xamarin.Formsでも、実行時に使われるUIコントロールはプラットフォーム固有のものだ。

 Xamarin.FormsとネイティブUIについては、この連載の中でもう少し詳しく解説する予定である。両方とも触ってみて、作りたいアプリに適した方法を選ぼう。

参考URLs

 参考になるWebサイトを挙げておく。

 まずは、Xamarinの公式サイト。英語だけなのはつらいが、最も多くのドキュメントがある。

 Xamarin.Formsを学ぶなら、これも英語ではあるが、Xamarin.Formsのプロジェクトを作ったときに紹介される書籍がある(次の画像)。

Creating Mobile Apps with Xamarin.Forms Creating Mobile Apps with Xamarin.Forms
Xamarin.Formsのプロジェクトを作ると、この画面が表示される(Visual Studio 2015、本稿執筆時点)。
赤枠のところに書籍「Creating Mobile Apps with Xamarin.Forms」が紹介されている。赤矢印の辺りに、ダウンロードページへのリンクがある。
筆者は「プログラミングWindows」などの著作で有名なCharles Petzold氏である。

 Xamarin公式から、Xamarin.Formsなどのサンプルコードや、(OSS化されたので)Xamarin.Formsのソースコードまでもが公開されている。

 困ったときに頼りになるのがフォーラムやTwitterだ。

 ここInsider.NETでもXamarinの記事を増やしていくので、ぜひ参考にしてほしい。

 また、兄弟サイトBuild InsiderもXamarinに力を入れている。

まとめ

 Xamarin for Visual Studioを使うと、C#でクロスプラットフォーム開発ができる。もちろん、その中のAndroidアプリだけ/iOSアプリだけ/UWPアプリだけの開発に使ってもよいわけだ。これからスマートフォン用のアプリやWindows 10のUWPアプリなどを作ってみたいと思っているC#erにとって、魅力的な開発環境である。

 今回は、開発環境を整えて、"Hello, Xamarin!"をやってみた。

「特集:Visual StudioとXamarinで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発」のインデックス

特集:Visual StudioとXamarinで始めるiOS/Android/UWPアプリ開発

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。