連載
» 2016年12月08日 05時00分 公開

WebhookやHubotを使ってチャットとSubversion、Redmine、Jenkinsを連携させる基本設定とはOSSチャット基盤RocketChat入門(終)(3/5 ページ)

[伴地慶介,三菱総研DCS]

Redmineのチケット作成/更新情報をチャンネルに投稿するには

 次に、RocketChatとRedmineを連携させましょう。Redmineのチケット作成/更新情報をRocketChatのチャンネルに投稿します。

図13 RocketChat+Redmineの連携イメージ

 RedmineからRocketChatへのデータ送信には、Redmineのプラグインである「redmine-slack」を使用します。プラグインを使用するので、自分でcurlコマンドを作り込む必要がなく、簡単に設定が可能です。もともとはSlack向けのプラグインですが、RocketChatでも動作します。

 以下、RocketChat+Redmine連携の設定の流れを記載します(カッコ内は設定対象のソフトウェア)。

【1】Webhook URLの作成(RocketChat)

 まず、Subversion連携と同様で、Redmine用のWebhook URLを作成してください(手順も一緒ですので、ここでは省略します)。ここでは「#redmine」というパブリックチャンネルに投稿されるように設定しています。

【2】「redmine-slack」プラグインのインストールと設定(Redmine)

 続いて、Redmineのプラグイン「redmine-slack」をインストールします。プラグインは「https://github.com/sciyoshi/redmine-slack」からダウンロード可能です。ダウンロードした圧縮ファイルを解凍後、Redmineのルートディレクトリ(以下、${REDMINE_ROOT}と表記)にある「plugins」ディレクトリ配下に格納し、プラグインをインストールします。

# mv redmine-slack ${REDMINE_ROOT}/plugins/redmine_slack
# cd ${REDMINE_ROOT}/plugins/redmine_slack
# bundle install

 Redmineを再起動すると、プラグインのインストールは完了します。次に、投稿先のチャンネルなど、プラグインの設定を行います。Redmineの「管理」→「プラグイン」で、Redmine Slackプラグインの「設定」を選択し、以下の情報を入力します。

図14 Redmine Slackの設定その1

図15 Redmine Slackの設定その2

  • Slack URL:作成したWebhook URLを指定
  • Slack Channel:「-」(ハイフン)を指定(理由は後述するTips参照)
  • Slack Icon:アイコンのURL。ここではデフォルトのままとする
  • Slack Username:RocketChatに投稿する際のユーザー名を指定する

 次に、「project custom field」を選択し、カスタムフィールドを追加します。以下のように「名称」に「Slack Channel」と指定したカスタムフィールドを作成してください。

図16 project custom fieldの設定

 最後に、チケット作成/更新情報を投稿したいRedmineのプロジェクト(今回は「Sample」というプロジェクトを指定します)の「設定」で、RocketChatのチャンネルを指定します。「Sample」プロジェクトの「設定」→「Slack Channel」に投稿したいチャンネルを「#チャンネル名」という形式で設定してください。

図17 投稿先のチャンネル設定

実行結果

 以上で設定は完了です。Redmineのプロジェクトでチケットの作成、更新を行うと、RocketChatの「#redmine」チャンネルに以下のようなチケットの作成/更新情報が通知されます。

図18 Redmineのチケット情報をチャンネル通知

Tips Slack Channelの指定について

 今回、Slack Channelで「-」(ハイフン)を指定しています。ここで「#channel」など特定のチャンネル名を指定すると、“全ての”Redmineプロジェクトの通知が指定したチャンネルに投稿されます。「-」(ハイフン)を指定することで、Redmineのプロジェクトごとに指定したチャンネルに投稿することが可能となります。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。