たった3つで共存できる、Git/GitHubとSubversion(SVN)の連携、移行に関する基本操作こっそり始めるGit/GitHub超入門(14)(2/3 ページ)

» 2017年07月03日 05時00分 公開
[平屋真吾クラスメソッド]

【2】「GitHub Importer」を使用して、SubversionからGitHubへの移行を実行する

 GitHubへの移行を行ってくれるツール「GitHub Importer」を使用して、Subversionリポジトリ上のコードをGitHubへ移行してみます。

 GitHub Importerを開きます。

 SubversionリポジトリのURL、新しく作るGitリポジトリの名前を入力し、「Begin import」をクリックします。

図2 GitHub Importer

 移行処理が開始します。

図3 GitHub Importer(移行処理中)

 移行が終わると以下のように「Importing complete!」というメッセージが表示されます。

 そのメッセージの右に新規作成されたGitリポジトリへのリンクがあるので、そこをクリックします。

図4 GitHub Importer(移行完了)

 Gitリポジトリのページを表示できました。

図5 移行処理によって作成されたリポジトリのページ

 「GitHub Importer」を使用して、SubversionからGitHubへの移行を実行する操作の解説は以上になります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。