たった3つで共存できる、Git/GitHubとSubversion(SVN)の連携、移行に関する基本操作こっそり始めるGit/GitHub超入門(14)(3/3 ページ)

» 2017年07月03日 05時00分 公開
[平屋真吾クラスメソッド]
前のページへ 1|2|3       

【3】SubversionクライアントからGitHubリポジトリへアクセスする

 GitHubのリポジトリは、Subversionのクライアントからアクセスできます。

 本連載のこれまでの記事で作成してきた、GitHub上の「hello-github」リポジトリに対し、幾つかの操作をSubversionのクライアント「svn」から行ってみます。

チェックアウトする

 まずは、「svn checkout」コマンドを使用して、GitHubのリポジトリをチェックアウトします。

 作業用の適当なディレクトリに移動します。

$ cd /Users/hirayashingo/at-it-14/work-from-svn-to-github

 「svn checkout」コマンドを使用して、リポジトリの空のチェックアウトを行います。

$ svn checkout --depth empty https://github.com/username/hello-github.git
Checked out revision 11.

 作成されるディレクトリに移動します。

$ cd hello-github.git

 「trunk」ブランチを取得します。通常、「master」ブランチが「trunk」ブランチにマッピングされます。

$ svn update trunk
Updating 'trunk':
A    trunk
A    trunk/ISSUE_TEMPLATE.md
A    trunk/PULL_REQUEST_TEMPLATE.md
A    trunk/README.md
Updated to revision 11.

 「branches」ディレクトリの空のチェックアウトを取得します。このディレクトリ内に作業用のブランチを作ることができます。

$ svn update --depth empty branches
Updating 'branches':
A    branches
Updated to revision 11.

ブランチを作成する

 次に、ブランチを作成してみます。「svn copy」コマンドを使用して、新しいブランチを作成します。

$ svn copy trunk branches/more_awesome
A         branches/more_awesome

 「svn commit」コマンドを使用して、リモートに反映します。

$ svn commit -m 'Added more_awesome topic branch'
Authentication realm: <https://github.com:443> GitHub
Username: username@example.com
Password for 'username@example.com': ******************************
 
Adding         branches/more_awesome
Committing transaction...
Committed revision 13.

 ここまでの操作で、ブランチを作成し、そのブランチをGitHubのリポジトリに反映する作業が完了しました。

 GitHubのリポジトリページで、新しいブランチが作成されていることを確認できると思います。

図6 ブランチ作成後のリポジトリのページ

コミットを実行する

 最後に、ファイルの変更を行い、コミットを実行してみます。

 「README.md」ファイルに1行追加します

$ echo "- [Support for Subversion clients](https://goo.gl/XnrvnR)" >> trunk/README.md

 「svn commit」コマンドを使用してコミットを実行します。

$ svn commit -m "Update README.md"
Sending        trunk/README.md
Transmitting file data .done
Committing transaction...
Committed revision 14.

 GitHubのリポジトリページで、今回追加したコミットを確認できるかと思います。

図7 コミット実行後のリポジトリのページ

 SubversionクライアントからGitHubリポジトリへアクセスする操作の解説は以上です。

次回は「Git/GitHubのワークフロー」について

 連載第14回目の本稿では「Subversionとの連携や移行」について、3つの基本的な操作を解説しました。

 次回は「Git/GitHubのワークフロー」について解説する予定です。お楽しみに!

参考リンク

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。