連載
» 2017年09月15日 05時00分 公開

データベースの暗号化、まず「何を、どのように」実施すべきか今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(6)(2/3 ページ)

[福田知彦,日本オラクル株式会社]

データベースの暗号化は「データベースの暗号化機能を利用する方式」が適している

 バックナンバー「データベース暗号化が必要な理由と『3大方式』を理解する」で、データの暗号化には以下の3種類の暗号化方式があると説明しました。

  1. アプリケーションで暗号化してからデータベースに格納
  2. データベースの暗号化機能を利用
  3. ストレージの暗号化機能を利用

 では「データベースの暗号化」では、具体的にどの方式を使うのが適しているのでしょうか。

 暗号化をしていなければ守れない脅威の1つに「データベースの仕組みを利用しないアクセスがあった場合」が挙げられます。これには前述したように、OSからデータファイルを直接参照されてしまった際に情報が漏えいしないようにする対策が必要です。つまり、(3)の「ストレージの暗号化機能を利用する方式」だけでは対策できません。

 その一方で、同じく前述した「暗号化した方がよいか迷うものは、全て暗号化する」という指針を実践するにはどうするか。データベース設計、アプリケーションへの影響、性能面などの都合から、(1)の「アプリケーションで暗号化してからデータベースに格納する方式」では全てをカバーするのは困難です。

 このため、データベースに格納されたデータの暗号化には、(2)の「データベースの暗号化機能を利用する方式」が適しているといえます。

 もちろん(1)の方式を使っても、「不正にデータベースへ問い合わせをされたとしても暗号化されたデータが戻る。だからその中身は読み取れず、情報そのものは漏えいしていないので安全である」という考え方はできます。しかし原則は、そもそもデータへのアクセス制御で対応すべき脅威です。ログイン時にきちんと認証されて、アクセス権限が付与されているのであれば、問い合わせ結果でデータが見えるのは正しい動作だからです。

 もっとも、(1)の方式は(2)の方式に「追加」して対策することで価値が高まるシーンもあります。例えば「特に重要な情報で、検索条件に利用されることがなく、一度に処理される件数が少ないデータ」である場合です。

 参考までに、「Oracle Identity Manager」と呼ばれるIDライフサイクル管理ソフトウェアでは、管理対象システムに配布するためのユーザー名やパスワードなどの情報をバックエンドのデータベースに保持しています。その際、特に重要な情報の1つであるパスワードはOracle Identity Manager側で暗号化してからデータベースに格納されます。通常はユーザー名をキーとして検索が実行され、パスワードはキーとして利用されません。ユーザー単位で管理対象システムにID情報を配信するために、一度に処理される件数が少量で済むことから、より安全性を高めるために(1)の方式であるアプリケーションで暗号化を実施しています。

 この他、クレジットカード情報や個人番号などもアプリケーション側で暗号化してからデータベースへ格納しつつ、それに付随する個人情報を(2)の方式であるデータベースの暗号化機能で保護するように設計することもできます。ただし、それらがキーとして検索されることがあるシステムの場合には、「データベースの索引(index)を利用できなくなることから、全表操作しか使えない」「他のシステムへのデータ連携時に1レコードずつ復号する処理になる」などの理由でパフォーマンスに影響する可能性があります。こちらには注意してください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。