連載
» 2018年01月09日 05時00分 公開

NOLOCKテーブルヒントを付与しているのにロック待ちが発生した(処理遅延トラブル)SQL Serverトラブルシューティング(63)(2/2 ページ)

[椎名武史,ユニアデックス株式会社]
前のページへ 1|2       

解決方法

 ロック元のオブジェクトやセッションが確認できれば、解決方法はトラブル39と変わりません。

 ロック元の処理が通常処理である場合は、ロックが開放されるまで待ちます。もしロック元の処理自体も処理遅延していたのであれば、今度はロック元の処理に対して処理遅延の原因を追求します。ロック元の処理よりも、ロック待ちになっている処理を早急に実施する必要がある場合は、ロック元の処理を強制的に終了できます。

「NOLOCKテーブルヒントを付与しているのにロック待ちが発生した」場合の解決方法

  1. dm_exec_requestsで処理が中断している原因を確認する
  2. dm_tran_locksでロック状況を確認する
  3. dm_exec_connectionsなどでロック元の情報を確認し、必要に応じて調査や強制終了を実施する



筆者紹介

内ヶ島 暢之(うちがしま のぶゆき)

ユニアデックス株式会社 NUL System Services Corporation所属。Microsoft MVP for Data Platform(2011〜)。OracleやSQL Serverなど商用データベースの重大障害や大型案件の設計構築、プリセールス、社内外の教育、新技術評価を担当。2016年IoTビジネス開発の担当を経て、現在は米国シリコンバレーにて駐在員として活動中。目標は生きて日本に帰ること。

椎名 武史(しいな たけし)

ユニアデックス株式会社所属。Microsoft MVP for Data Platform(2017〜)。入社以来 SQL Serverの評価/設計/構築/教育などに携わりながらも、主にサポート業務に従事。SQL Serverのトラブル対応で社長賞の表彰を受けた経験も持つ。休日は学生時代の仲間と市民駅伝に参加し、銭湯で汗を流してから飲み会へと流れる。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。