ザッカーバーグになりたくても、たぶん無理――夢も目標もない私はダメ人間ですか?仕事が「つまんない」ままでいいの?(37)(2/3 ページ)

» 2018年01月17日 05時00分 公開

夢や目標があるのは全体の2割?

 そもそも、経験値が少ない中高生に「明確な夢や目標が描けるのかな?」と、個人的には思います。もちろん、「部活で金メダルが欲しい」「将来○○になりたい」と描ける子はいます。けれども、少なくとも私には描けなかった……。

 というより、そもそも「夢や目標を持て!」と子供に言うどれだけの大人が、夢や目標を明確に描けているのでしょうか。「健康に過ごせたらいいな」「ずっとコードを書いていたいな」ぐらいの、フワッとした言い方ならできるかもしれませんが、「私の目標はこれだ!」と、身近な子供や周りの人に、大きな声で言えますか?

 人々が集団やグループを構成すると、「上位2割が優秀な人、6割が普通の人、2割がパットしない人に自然発生的に分類される」という経験則「2:6:2の法則」があります。明確な夢や目標を描けているのは、ひょっとしたら上位2割ぐらいの人なのかもしれません。

 だからといって、「残り8割はダメなのか?」といったら、そんなことはありません。

 人には、最初から明確な目標が見えていて、それに向かって努力する「先行型」と、さまざまな経験を重ねる中で見えてくる「後追い型」がいます。私は断然、後追い型です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。