ITmedia DX
ニュース
» 2021年08月10日 08時00分 公開

「クラウドに戦略的投資をできるかどうか」が国内企業の課題 パロアルトネットワークスがクラウドの活用状況を調査「クラウドネイティブセキュリティジャパンサーベイ 2021年版」

パロアルトネットワークスは、「クラウドネイティブセキュリティジャパンサーベイ 2021年版」を発表した。それによると国内企業のクラウドに対する投資額は海外企業に比べて少ないことが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パロアルトネットワークスは2021年8月5日、「クラウドネイティブセキュリティジャパンサーベイ 2021年版」を発表した。これは、国内企業でクラウドに関わっている意思決定者と実務従事者の400人を対象に、クラウド活用状況について調査した結果をまとめたもの。

 それによると、国内企業のワークロード全体に占めるクラウド上での稼働割合は海外と同程度だったものの、クラウドに対する投資額は海外企業に比べて少ないことが分かった。

クラウドに対する投資はコストではない

 パブリッククラウド上で稼働するワークロードの平均は、海外企業の平均46%に対して国内企業は43%だった。パロアルトネットワークスは「多くの企業がクラウド移行によってビジネス上の利益を享受しており、引き続きクラウドへの移行は加速する。今後2年間で国内企業のパブリッククラウド上で稼働するワークロード割合は平均60%に上昇するだろう」と予測する。

画像 クラウドで稼働しているワークロードの割合(出典:パロアルトネットワークス

 クラウドに対する投資額について聞くと国内企業は海外企業に比べて少ないことが分かった。「投資額が50億円未満」の企業の割合は、海外の56%に対して国内は73%だった。年間売り上げが1000億円未満の国内企業に限ると「投資額が10億円未満」が74%を占める。

 「クラウドに対する投資を『戦略的投資』ではなく『コスト』と考えている企業が大半で、クラウドをビジネス上の戦略的リソースとして位置付けられるかが国内企業の課題だ」とパロアルトネットワークスは指摘する。

「複数のクラウドサービスを使う」が当たり前になりつつある

 複数のクラウドサービス事業者(CSP)を利用している国内企業の割合は59%で、平均して2つのCSPを利用していることが分かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。