ニュース
» 2021年08月26日 08時00分 公開

「今後クラウド移行がさらに加速する」 IDCが国内システム/サービス管理ソフトウェア市場を予測2025年まで6%以上の成長率を維持

IDC Japanは国内システム/サービス管理ソフトウェア市場の予測を発表した。2020〜2025年の年間平均成長率は6.3%で、2025年の市場規模は3899億800万円になるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2021年8月24日、国内システム/サービス管理ソフトウェア市場について、2020年の実績と2021〜2025年の予測を発表した。

画像 2019〜2025年の国内システム/サービス管理ソフトウェア市場予測(出典:IDC Japan

「2021年は国内経済が回復に向かう」

 2020年の国内システム/サービス管理ソフトウェア市場規模は、対前年比0.4%増とほぼ横ばいになっている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でIT投資が控えられ、システム構築/更改案件が減少した。ベンダー別シェアを見ると、2019年と同様にトップ3は日立製作所、富士通、NECだった。

 2021年は国内経済が回復に向かい、新規システム導入や既存のシステム更改への投資が回復し、国内システム/サービス管理ソフトウェア市場も再び成長基調に入るとIDC Japanはみている。同社は2021年の市場規模を対前年比5.4%増の3029億7300万円と予測する。

 「2022年以降、この市場はさらに成長し、2020〜2025年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は6.3%で、2025年の市場規模は3899億800万円になる」(IDC Japan)

「クラウド移行がさらに加速する」

 システム/サービス管理クラウドサービス市場は高い成長を続けている。2020年の市場規模は、対前年比40.9%増の219億900万円。ベンダー別売上額シェアのトップ3はServiceNow、New Relic、Microsoftだった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。