ニュース
» 2021年08月02日 16時30分 公開

2021年第2四半期の世界クラウドインフラサービス市場、前年同期比39%増の420億ドルへカーボンニュートラル計画も順調に推移

Synergy Research Groupによると、2021年第2四半期における世界のクラウドインフラサービスの売上高は2020年同期比で約39%伸び、約420億ドルに達した。Canalysも同四半期の市場動向を発表。クラウド大手3社の環境対策の取り組みを紹介した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 調査会社Synergy Research Groupは2021年7月29日(米国時間)、2021年第2四半期における世界のクラウドインフラサービス売上高が2020年同期比で約39%伸び、約420億ドルに達したと発表した。前四半期比では約27億ドル増だった。

 同社は大手クラウドプロバイダーがこれまでに発表した第1四半期業績報告を基に、クラウドインフラサービス売上高を算出した。サービスにはIaaSやPaaS、ホステッドプライベートクラウドサービスを含むとしている。

 クラウドインフラサービス市場の同期比伸び率は、2021年第2四半期まで4四半期連続で上昇した。Synergy Researchは、こうした大規模な高成長市場では、これは異例だとしている。

 クラウドインフラサービス市場ではAmazon Web Services(AWS)、Microsoft、Googleがトップ3を占めており、2021年第2四半期は3社合計で約63%のシェアを占めた。

 ここ数四半期はMicrosoft、Googleが首位のAWSとの差を徐々に詰めていたが、2021年第2四半期はAWSが前期比で売上高を約10%伸ばして約33%のシェアを獲得し、やや盛り返した。Microsoftのシェアは約20%、Googleは約10%だった。

 4位以降はAlibaba、IBM、Salesforce.com、Tencent、Oracleなどが続いている。Alibaba、IBMを含む上位5社の合計シェアは約80%に上った。

クラウドインフラサービス市場の成長と各社のシェア(出典:Synergy Research Group

サービス構成と投資規模は?

 クラウドインフラサービスの売上高の大部分はIaaSとPaaSが占めており、2つを合わせた売上高は2021年第2四半期に約41%伸びた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。