連載
» 2021年09月29日 05時00分 公開

間違っても見られたくないChromeリモートデスクトップ中の画面を隠す方法Google Chrome完全ガイド

Chromeリモートデスクトップで操作中のリモートPCのデスクトップは、ディスプレイにそのまま表示されてしまいます。覗(のぞ)かれたくなければ、「カーテンモード」という機能でリモートデスクトップを隠せます。その設定方法と制限、注意点を説明します。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

ローカルPCでChromeリモートデスクトップを起動し、リモートPCを操作しているところ。その操作中のデスクトップがリモートのディスプレイに丸々映っている! Chromeリモートデスクトップでリモートの画面は隠せないの?

 自宅からのテレワーク中に「Chromeリモートデスクトップ」で職場のPCを操作する、という機会も増えたのではないでしょうか?

 そのChromeリモートデスクトップで接続中のリモートPCに直結されたディスプレイには、操作の内容が丸々表示されてしまう、ということをご存じですか?

 例えば、何かの認証に必要なパスワードをメモなどからコピーしてブラウザのフォームにペーストする、という作業をリモートPC上でしていると、そのディスプレイには平文のパスワードが表示されてしまいます。他人の目をあまり気にしなくて済む自宅で、ローカルPCと同じ感覚でリモートPCを操作していると、こうした他人に見られたくない情報をうっかり職場のディスプレイに表示してしまう危険性があります。

 デスクトップPCならば、ディスプレイの電源を切っておくという手もあります。ただ、悪意のある人がディスプレイの電源を入れてしまうと、操作中のデスクトップが丸見えになってしまいます。

 そこで本記事では、Windows 10を対象として、操作中のリモートPCのディスプレイにデスクトップが表示されないように隠す方法を説明します。これは「カーテンモード」と呼ばれるChromeリモートデスクトップの機能で実現できます。

 ただし、カーテンモードを利用するには、以下の条件をすべて満たしている必要があります。

  • リモートPCのWindows 10がHomeエディション以外(ProやEnterprise、Educationエディションなどは可)
  • リモートPC側で、Chromeリモートデスクトップでの接続中にサインインしているWindowsユーザーアカウントに、管理者の権限が与えられている

Windowsの「リモートデスクトップサービス」の設定変更が必要

 Chromeリモートデスクトップのカーテンモードは、Windows 10標準の「リモートデスクトップサービス」を利用してディスプレイにロック画面を表示することで、リモートデスクトップを隠します。そのため、カーテンモードでリモートデスクトップサービスを制御できるように、その設定をいくつか変更する必要があります。

 以下、いずれもリモートPC側で操作してください。

 まず、Windows 10の[設定]アプリで、以下のようにリモートデスクトップの設定を変更します。

  1. スタート]メニューを開き、左下にある歯車アイコンをクリックして、[設定]アプリを起動し、[システム]を選択します
  2. システム」画面の左側で[リモートデスクトップ]を選びます
  3. 右側の[リモートデスクトップを有効にする]を「オン」にします
  4. その下の[詳細設定]をクリックして、「詳細設定」画面を開きます
  5. コンピューターの接続にネットワーク レベル認証の使用を求める]のチェックを外して「オフ」にします
Windows 10のリモートデスクトップサービスの設定を「設定」アプリで変更する(1/2) Windows 10のリモートデスクトップサービスの設定を「設定」アプリで変更する(1/2)
Windows 10のリモートデスクトップサービスの設定を「設定」アプリで変更する(2/2) Windows 10のリモートデスクトップサービスの設定を「設定」アプリで変更する(2/2)

 上記とは別に、もう1つ、レジストリによる設定変更が必要な個所があります(筆者が試した限りでは、GUIやグループポリシーでは設定変更ができませんでした)。

[注意]

レジストリに不正な値を書き込んでしまうと、システムに重大な障害を及ぼし、最悪の場合、システムの再インストールを余儀なくされることもあります。レジストリエディターの操作は慎重に行うとともに、あくまでご自分のリスクで設定を行ってください。何らかの障害が発生した場合でも、編集部では責任を負いかねます。ご了承ください。


項目 内容
キー HKEY_LOCAL_MACHINEの
SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp
値の名前 SecurityLayer
REG_DWORD(DWORD 32ビット)型
値の内容 1」に変更(デフォルトは「2」)
Windows 10のリモートデスクトップサービスでレジストリ修正が必要な個所

 レジストリエディターの場合、[ファイル名を指定して実行する]ダイアログで「regedit」と指定して起動した後、以下のように設定します。

レジストリの設定を変更する(レジストリエディターの場合) レジストリの設定を変更する(レジストリエディターの場合)

 同じ設定をコマンドラインで行うには、管理者権限でコマンドプロンプトを起動してから以下のようにreg addコマンドを実行します。

reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp /v SecurityLayer /t REG_DWORD /d 1 /f

レジストリの設定を変更する(レジストリエディターの場合)

 上記のレジストリの設定を元に戻すには、値[SecurityLayer]の内容を「2」に戻します。

Chromeリモートデスクトップでカーテンモードを有効化する

 今度はChromeリモートデスクトップのカーテンモードを有効化します。それにはリモートPCで、レジストリの設定を変更する必要があります。

項目 内容
キー HKEY_LOCAL_MACHINEの
SOFTWARE\Policies\Google\Chrome
値の名前 RemoteAccessHostRequireCurtain
REG_DWORD(DWORD 32ビット)型
値の内容 1」を指定
Chromeリモートデスクトップサービスでカーテンモードを有効化するためのレジストリエントリ

 レジストリエディターの場合は、以下のように設定します。[Policies]キーに[Google][Chrome]キーが存在しない場合は、新たに作成してください。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。