ニュース
» 2021年10月18日 08時00分 公開

副業収入の月平均が最も高い地域は「東海」 パーソルキャリアが実態調査の結果を発表10万円以上稼ぐ人の割合は34.4%

パーソルキャリアは副業実態を発表した。副業が認められていると回答した人の割合は23.3%で、副業を「現在している」と回答した割合は8.0%、10万円以上稼ぐ人の割合は34.4%だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パーソルキャリアは2021年10月15日、地域別の「副業実態」を発表した。これは同社が実施した「副業、いつやっていくら稼いでる?2021年 最新の実態調査」のデータを地域別に分析したもの。

画像 勤め先で副業は認められているかどうか(提供:パーソルキャリア

 調査対象は正社員として働く22〜59歳の男女で、1万5000人から有効回答を得た。

副業収入の月平均は約17万円

 調査結果によると「副業が認められている」と回答した人の割合は23.3%。最も副業が認められている地域は「関東」で26.6%、次いで「九州・沖縄」の24.7%、「関西」の22.9%だった。

 「現在、副業をしている」と回答した人の割合は8.0%、「検討している」は17.8%だった。副業をしている人の割合が最も高かった地域は「北信越」で9.7%。次いで、関西と「中国・四国」がどちらも8.6%、関東が8.4%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。