連載
» 2021年10月19日 05時00分 公開

PolyBaseデータ移動サービスの状態を確認するSQL Server動的管理ビューレファレンス(53)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBaseデータ移動サービスの状態の確認について解説します。

[伊東敏章,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_exec_dms_services」における、PolyBaseデータ移動サービスの状態の確認について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2016以降です。

概要

 PolyBaseクエリを実行する場合、クエリはヘッドノード上のSQL Serverに送信、解析されて、外部テーブルを参照するクエリの一部はPolyBaseエンジンに渡されます。

 PolyBaseエンジンは、外部データに対するクエリを解析してクエリプランを生成し、作業を実行するために計算ノード上のデータ移動サービスに配布します。計算ノードの作業が完了すると、計算ノードから結果を受信し、この結果を処理してクライアントに返すためにSQL Serverに送信します。

 PolyBaseデータ移動サービス(DMS)は、ヘッドノード上のPolyBaseエンジンから指示を受信し、「Hadoop Distributed File System」(HDFS)とSQL Serverの間およびヘッドノードと計算ノード上のSQL Serverインスタンス間でデータ転送を行います。

 「sys.dm_exec_dms_services」動的管理ビューを使用すると、計算ノードで実行されているDMSの状態を確認できます。

出力内容

列名 データ型 説明
dms_core_id int DMSコアに関連付けられている一意のID
compute_node_id int このDMSが実行されているノードのID
「sys.dm_exec_compute_nodes」の「compute_node_id」列を参照する
status nvarchar(32) このDMSの現在の状態

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。