連載
» 2021年10月25日 05時00分 公開

PolyBaseデータ移動サービスのワーカー情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(54)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBaseデータ移動サービスのワーカー情報の出力について解説します。

[伊東敏章,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_exec_dms_workers」における、PolyBaseデータ移動サービス(DMS)のワーカー情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2016以降です。

概要

 PolyBase機能を使用した外部データソーステーブルを含むクエリの実行では、クエリはSQL Serverによって自動的に複数のステップに分割され、外部データを参照するクエリの一部はPolyBaseエンジンに渡されます。

 PolyBaseエンジンは外部データに対するクエリを解析してクエリプラン(DMSプラン)を生成し、作業を実行するためにコンピューティングノード上のDMSに配布します。DMSは配布されたDMSプランを実行し、外部データソースとのデータ転送を行います。

 「sys.dm_exec_dms_workers」動的管理ビューを使用することで、DMSプランを実行するワーカーに関する情報を確認できます。

 実行されたPolyBaseクエリに関する情報を確認できる「sys.dm_exec_distributed_requests」動的管理ビューや、分割されたステップの情報を出力できる「sys.dm_exec_distributed_request_steps」動的管理ビュー、各ノードへ配布されたクエリの情報を出力できる「sys.dm_exec_distributed_sql_requests」動的管理ビューなどと組み合わせることで、詳細にPolyBaseクエリの実行状況を追跡できます。

出力内容

列名 データ型 説明
execution_id nvarchar(32) このワーカーが含まれるクエリ要求のID
step_index int このワーカーが含まれるクエリステップのID
dms_step_index int このワーカーが実行するDMSプランのステップID
compute_node_id int このワーカーが実行されているノード
distribution_id int  
type nvarchar(32) このワーカースレッドの種類
status nvarchar(32) このワーカーが実行するステップのステータス
bytes_per_sec bigint  
bytes_processed bigint このワーカーによって処理された合計バイト数
rows_processed bigint  
start_time datetime ステップの実行を開始した時刻
end_time datetime ステップの実行が完了、キャンセルまたは失敗した時刻
total_elapsed_time int ステップが実行されている合計時間(ミリ秒)
cpu_time bigint  
query_time int  
buffers_available int  
dms_cpid int  
sql_spid int  
error_id nvarchar(36)  
source_info nvarchar(4000)  
destination_info nvarchar(4000)  
command nvarchar(4000)  
※いくつかの列について名前から情報を推測できそうですが、情報がみつかりませんでした。

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。