ニュース
» 2021年10月21日 17時00分 公開

2022年以降の重要な展望をGartnerが発表、IT部門とユーザーに影響大3つの主要な能力が今後どうなるか

Gartnerは、2022年以降に向けた重要な戦略的展望を発表した。企業とITリーダーが近年学んだ教訓のうち、「人間中心志向」「レジリエンスの獲得競争」「期待を上回る結果を出す能力」という3つの側面を考慮に入れている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2020年10月12日(米国時間)、2022年以降の重要な戦略的展望を発表した。IT部門とユーザーに大きな影響がある。

 近年の経済社会の破壊的な変化や不確実性の中で、企業とITリーダーが学んだ教訓のうち、「人間中心志向」「レジリエンス(回復力)の獲得競争」「期待を上回る結果を出す能力」という3つの側面について、今後の進展を検討し、踏まえたものだ。

 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の教訓は、不測の事態の予測と、さまざまな戦略的な方向に進む準備を、同時に行うことが重要だということだ。従業員、企業効率の向上、トランスフォーメーション計画を加速するための選択肢を採用するリーダーは、変化に対応する際のレジリエンスが高い」。Gartnerのディスティングイッシュト リサーチバイスプレジデント兼Gartnerフェロー、ダリル・プラマー氏はそう述べている。

 「レジリエンス、機会、リスクは常に、優れたビジネス戦略の構成要素だ。だが今では、これらは今日、新たな意味を持つようになっている。今回の展望は、『人材からビジネスモジュラリティまで、レジリエンスをどのように従来と異なる方法で構築しなければならないか』『機会とリスクをこれまで以上に切迫感を持って考える必要がある』ということを体現している」(プラマー氏)

10の戦略的展望とは

 Gartnerが発表した10の戦略的展望は次の通り。

・展望1
 消費者の40%が、行動追跡指標の裏をかき、収集された自分に関する個人データの価値を意図的に下げるようになる。これにより、個人データの収益化が難しくなる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。