ニュース
» 2021年10月26日 16時30分 公開

Windows 11で「Androidアプリ」を実行可能に、プレビュー版をWindows Insider Programで提供開始「Windows Subsystem for Android」で実現

MicrosoftはWindows Insider Programのβチャネルを通じて、Windows 11でAndroidアプリケーションを実行可能にした。Amazon.comやIntelと共同で実現した機能だ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2021年10月20日(米国時間)、「Windows 11」で「Android」アプリケーションを実行できる機能の提供を開始した。最初のプレビュー版である。

 この機能は、MicrosoftがAmazon.comやIntelと共同で実現したもので、Windows Insider Programのβチャネルで米国のユーザー向けに提供されている。IntelやAMD、Qualcommプラットフォームで、Windows 11の要件を満たすデバイスで利用できる。

Androidアプリケーションを使うには

 Androidアプリケーションを入手するには、Microsoft Storeから「Amazon Appstore」にアクセスする。Microsoft Storeの検索機能でアプリケーションを探すことができる。目的のAndroidアプリケーションを選択後、Amazon Appstoreのガイダンスに従ってダウンロード、インストールできる。

Amazon Appstoreを大きく目立たせたMicrosoft Storeのページ(出典:Microsoft

 AndroidアプリケーションはWindowsアプリケーションと同じ操作感で利用できる。Windows 11の新しいスナップレイアウト機能を使って、並べて実行したり、スタートメニューやタスクバーにピン留めしたり、マウス、タッチ、ペンで操作したりできる。[Alt]+[Tab]キーやタスクビューで切り替えることも可能だ。

 さらに、Androidアプリケーションからの通知をアクションセンターで見たり、WindowsアプリケーションとAndroidアプリケーションでクリップボードを共有したりできる。Windowsアクセシビリティー設定の多くもAndroidアプリケーションに適用される。

Windows PCでKindle書籍をそのまま閲覧できる(出典:Microsoft

 Microsoftは、Amazon.comや人気のあるアプリケーションの開発者と協力し、幅広いハードウェアでのテストと検証を目的に、Windows Insider Program向けに選んだ50のアプリケーションの提供を開始した。モバイルゲームや読書アプリケーション、子ども向けコンテンツなどが含まれる。Windows Insider Programでのアップデートを通じて、今後も新しいアプリケーションをリリースしていくという。

どのように実現したのか

 Microsoftは、Windows 11でAndroidアプリケーションを実行できるようにするために、新しいWindowsコンポーネント「Windows Subsystem for Android」を導入した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。