ニュース
» 2021年12月10日 08時00分 公開

4人に1人が「ルール違反と認識しつつ、パスワードを使い回している」 IPAがセキュリティ調査の結果を発表約4割が「ルール違反を会社や上司に報告していない」

IPAは、全国の中小企業に勤務する従業員を対象としたサイバーセキュリティに関する調査結果を発表した。それによると5人に1人が情報管理に関するルール違反をしたことがあり、そのうち約4割は「会社や上司に1度も報告していない」という。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 情報処理推進機構(IPA)は2021年12月8日、サイバーセキュリティに関する調査結果を発表した。それによると、過去3年間でサイバーセキュリティの事故やトラブルを勤務先で経験した人の割合は10.5%だった。

画像 サイバーセキュリティの被害状況(上)と、その内容(下)(提供:IPA

 調査は中小企業に勤務する従業員を対象に実施し、1000人から有効回答を得た。

ルール違反を繰り返す人の特徴とは

 2018年10月〜2021年9月の3年間で「サイバーセキュリティの事故やトラブルを経験したことがあるか」と聞くと、10.5%が「事故やトラブルが発生したことがある」と答えた。トラブルの内容は「ウイルスやランサムウェアによる被害」が最も多く、41.0%(複数回答、以下同)だった。次いで「取引先を装った偽メールによるウイルス感染」(23.8%)、「予期せぬIT基盤の障害に伴う業務停止」(23.8%)だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。