ニュース
» 2021年12月21日 08時00分 公開

「入社式や新入社員研修がオンラインだと不安」が67.3% 学情が「入社式・新入社員研修」に関する調査結果を発表「対面で実施を希望する」が7割以上

学情は、2022年4月に入社を控える新社会人を対象とした「入社式・新入社員研修」に関する調査結果を発表した。対面での入社式や新入社員研修を希望する人が7割以上いることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 学情は2021年12月20日、2022年4月に入社を控える新社会人を対象とした「入社式・新入社員研修」に関する調査結果を発表した。それによると入社式や新入社員研修は「リアル」(対面)を希望する人が7割を超えており、学情は「入社式や新入社員研修を通して、会社の雰囲気を知ったり、同期や先輩、上司との人間関係を築いたりしたいという意向を持つ人が多い」と分析する。

 調査は、学情が運営する「あさがくナビ2022」の会員を対象に実施し、410人から有効回答を得た。

「面談がオンラインだったので入社式では直接会ってみたい」

 入社式について「リアルでの開催を希望する」と回答した新社会人は72.5%(「リアル」が42.0%、「どちらかと言えばリアル」が30.5%)だった。

画像 入社式は「オンライン」「リアル」のどちらを希望するか(提供:学情)

 理由として「同期との親交を深めたい」「会社の雰囲気を肌で感じることで、業務に慣れやすくなる」「面接が全てオンラインだったので、画面越しでしか社員の方と会っていない。直接会って話したい」といった意見が挙がった。新入社員研修についても同様に、リアルでの実施を希望する新社会人が高く、76.8%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。