連載
» 2022年03月15日 05時00分 公開

Kubernetesが、Azureサービスのハイブリッド/マルチクラウド化に必要な理由Azure Arcで学ぶクラウドとKubernetesのガードレールづくり(4)

Microsoft Azureでは、サービスのハイブリッド/マルチクラウド化にKubernetesを利用している。今回は連載の最終回として、なぜKubernetesを使うのか、どのように使っているのかを具体的に説明する。

[真壁 徹,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 第3回では、Kubernetesの管理を主題として、Azure Arcの提供機能や内部構造を具体的に解説しました。要点は4つです。

  • Azure Arcには、Enabled InfrastructureとEnabled Servicesという2つのカテゴリーがある
  • Enabled Infrastructureの対象の1つがKubernetesクラスター
  • Azure Arcの拡張機能により、Kubernetesクラスターのガードレールを作り、守りを固める
  • 守りを固めた上で、付加機能やサービスを選択、導入する

 最終回の今回は、Azure Arc Enabled Servicesを解説します。機能の羅列は他に任せ、本質に迫ろうと思います。「サービスを名乗るためには何が必要か」「なぜKubernetesが必要なのか」を考えると、Azure Arc Enabled Servicesの価値や狙いが見えてきます。

Azure Arc Enabled Servicesの概要

 第3回で触れた通り、Azure Arc Enabled Servicesは「Kubernetesを前提とし」「その拡張機能としてAzureのマネージドサービスを動かす」という構造をとります。

図1 Azure Arc Enabled Servicesの位置付け

利用できるデータ、アプリサービス系の拡張機能

 守りを固めるガードレール系の拡張機能は、第3回で紹介しました。今回はデータ、アプリサービス系機能にフォーカスします。現在、以下の拡張機能が提供されています。

 ところで、いきなりAzure Arc拡張機能の存在を否定するようですが、クラウドでのデータ、アプリサービス系機能の利用経験に乏しい段階であれば、まずは各クラウドが提供するマネージドサービスの活用をお勧めします。理由は、それぞれのクラウドに最適化されているから、だけではありません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。