ニュース
» 2022年04月19日 08時00分 公開

2019年度を境に「若手社員よりも中堅社員の割合が増えている」 IPAが「iパス」の応募者数に関する情報を公開応募者数は4年連続で増加

IPAは、情報処理技術者試験の一区分である「ITパスポート試験」(iパス)の年間応募者数を明らかにした。4年連続で対前年度比増加率が10%を超えており、2021年度は過去最多の24万4254人だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 情報処理推進機構(IPA)は2022年4月14日、情報処理技術者試験の一区分である「ITパスポート試験」(iパス)の年間応募者数を明らかにした。同試験の年間応募者数は、4年連続で対前年度比増加率が10%を超えており、2021年度は過去最多の24万4254人だった。特に2022年3月度は、対前年同月比101.8%増(約2倍)の4万4790人で、月別応募者数では初めて4万人を超えた。

画像 直近5年間の応募者数と合格者数の推移(提供:IPA

2019年度を境に中堅社員の応募が増加

 iパス応募者の勤務先を見ると、2021年度はIT系企業が対前年比25.0%増の3万6177人、非IT系企業が対前年比112.2%増の12万6416人、大学生、専門学校生、高校生が対前年比35.6%増の6万3268人だった。

 非IT系企業に勤務している人の応募が増えており、特に金融、保険業や不動産業は対前年比220.9%増と突出している。業務別で見ると、非IT関連の「営業、販売」が最も多く、対前年比で118.6%増の3万9028人だった。なお、「情報システム関連」は対前年比39.5%増の2万5186人となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。