ニュース
» 2022年04月20日 17時10分 公開

Google、Kubernetesクラスタをエッジで実行できる「Google Distributed Cloud Edge」を提供開始Googleが専用ハードウェアを提供、メンテナンスするマネージドサービス

Googleは、「Google Cloud」のインフラとサービスを、顧客のデータが生成、消費される場所の近くに配置する、フルマネージドのハードウェア/ソフトウェア製品「Google Distributed Cloud Edge」の一般提供を開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2022年4月1日(米国時間)、「Google Cloud」のインフラとサービスを、顧客のデータが生成および消費される場所の近くに配置する、フルマネージドのハードウェア/ソフトウェア製品「Google Distributed Cloud Edge」の一般提供を開始したと発表した。

Google Distributed Cloud Edgeとは

 Googleは2021年10月に、エッジとデータセンターにGoogle Cloudのインフラとサービスを拡大するポートフォリオ「Google Distributed Cloud」(GDC)を発表しており(参考)、GDC Edgeは、これを構成する2つの製品のうちの1つだ。

 GDCを構成するもう1つの製品「Google Distributed Cloud Hosted」は、顧客がオンプレミスのデータセンターにおいて、Google Cloudのインフラとサービスを自社でデプロイするか、パートナーを通じてホストするもので、2022年にプレビュー版の提供が開始される見通しだ。

Google Cloudのインフラとサービスをエッジに拡大するGoogle Distributed Cloud Edge(提供:Google

 GDC Edgeは、従来のGoogle Cloudデータセンターとは別に、Googleが提供、メンテナンスする専用ハードウェア上で、顧客がKubernetesクラスタを実行できるようにするものだ。Googleは、GDC Edgeハードウェアを顧客施設に納品し、インストールする。

 GDC Edge環境でのワークロードのデプロイは、クラウドベースの「Google Kubernetes Engine」(GKE)クラスタ上でのワークロードのデプロイと同様の方法で行える。ハードウェアが設置された後、クラスタ管理者は、Kubernetesベースクラスタのプロビジョニングと同様の方法で、「Google Cloud Console」を使用してGDC Edgeクラスタをプロビジョニングする。アプリケーション所有者は、これらのクラスタにワークロードをデプロイできる。

 GDC Edgeは「Cloud VPN」の接続を介して、Google Cloudのサービスや、顧客がGoogle CloudやVirtual Private Cloud内で運用しているアプリケーションにアクセスできる。

 GDC Edgeは、顧客が5Gコアや無線アクセスネットワーク(RAN)機能をエッジで実行することを可能にし、次のようなエンタープライズアプリケーションのユースケースをサポートする。

  • 動画とAI(人工知能)を利用した、異常検知による製造現場での不良品の削減
  • ロボットを利用した、リアルタイム在庫管理による次世代型小売店
  • センサーを利用した、自動車の運転効率の向上
  • 機密データをクラウドに転送する前のローカルでのスクラブ

2つのハードウェアオプション

 Googleは4月1日の発表で、GDC Edgeではラックベースの構成と、「GDC Edge Appliance」という2つのフォームファクタのハードウェアオプションを提供することも明らかにした。

ラックベースの構成

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。