ニュース
» 2021年12月01日 07時30分 公開

「AWS Outposts」のラックマウントサーバ型が発表、店舗や工場にAWSを持ち込める年次カンファレンス 「AWS re:Invent」で

Amazon Web Services(AWS)が、19インチラックに収まる1U/2Uサイズのラックマウント型「AWS Outposts」を発表した。これまでは24インチ/42U のラックとして納められ、利用しづらかった。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2021年11月30日(米国時間)、年次カンファレンス 「AWS re:Invent」で、19インチラックに収まる1U/2Uサイズの「AWS Outposts」を発表した。これまでは24インチ/42U のラックを使う必要があり、工場のフロアをはじめとしたエッジでの利用はおろか、日本企業の使う一般的なデータセンターでも扱いにくかった。

 AWS Outpostsは、企業のデータセンターなど、AWSデータセンター外で動かせるサーバ(群)。構造的には最も近いAWSリージョンにぶら下がり、サブネットとして機能する。AWSマネジメントコンソールで管理でき、AWSの仮想マシン(Amazon EC2インスタンス)などを動かすことができる。AWSマネジメントコンソールから注文ができ、構成やハードウェアのサポートはAWSが行う。なお、インターネットあるいはAWS Direct Connectで、最も近いAWSリージョンと接続する必要がある。

 今回発表したのは1Uサイズが1モデルと2Uサイズが2モデル。基本スペックは上の表の通りで、CPUは1UモデルではArmベースのGraviton2、2UモデルはIntelのIce Lakeを搭載する。vCPU数は64あるいは128、メインメモリは128あるいは256GB、ストレージは3.8あるいは7.6TB。この仕様に収まる限り、さまざまなタイプのAmazon EC2インスタンスを動かせる。さらにまもなくKubernetes環境のAmazon EKSをローカルで動かせるようになるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。