ニュース
» 2022年04月26日 17時30分 公開

Linux FoundationとGoogle Cloud、通信業界と共同で「Nephio」プロジェクトを創設Kubernetesをベースに通信ネットワーク機能のクラウドネイティブ自動化を容易に

Linux Foundationは、Google Cloudおよび通信業界の主要企業と共同で、OSSプロジェクト「Nephio」を立ち上げた。Nephioとは何か。どんな問題を解決するのか。どんなメリットがあるのか。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オープンソースソフトウェア(OSS)を通じたイノベーション促進を目指す非営利組織Linux Foundationは2022年4月12日(米国時間)、Google Cloudおよび通信業界の主要企業と共同で、OSSプロジェクト「Nephio」を立ち上げたと発表した。Linux Foundationは、Nephioを支えるエコシステム、開発者の増加と多様性、OSSエコシステム間のコラボレーションを継続する場を提供する。

 複数のエッジロケーションにまたがるスケーラブルな5Gネットワークの構築、管理、デプロイは、複雑な事業になる。通信業界では、クラウドベースのデプロイにおいてアジリティ(俊敏性)と最適化に加えて、より高速、シンプルで、簡単な、真のクラウドネイティブ自動化が求められている。

 これらの課題に対処するために、Google CloudとLinux FoundationはNephioプロジェクトを創設した。プロジェクトの創設メンバーには次の通信関連企業が加わっている。

  • サービスプロバイダー
    Airtel、Bell Canada、Elisa、Equinix、Jio、Orange、楽天モバイル、TIM、TELUS、Vapor IO、Virgin Media O2、WINDTRE
  • ネットワーク機能、サービス、インフラベンダー
    Aarna Networks、Arm、Casa Systems、DZS、Ericsson、F5、Intel、Juniper Networks、Mavenir、Nokia、Parallel Wireless、VMware

 プロジェクトのWebサイトでは、Nephioのミッションとして下記を掲げている。

 「Nephioの目的は、キャリアグレードのシンプルでオープンなKubernetesベースのクラウドネイティブインテント自動化と汎用(はんよう)の自動化テンプレートを提供し、大規模なエッジデプロイにおいてマルチベンダーのクラウドインフラとネットワーク機能のデプロイおよび管理を、大幅に簡素化することにある。さらにNephioは、クラウドネイティブなアプローチによって、ネットワーク機能の本番環境への迅速なオンボーディング(基盤となるクラウドインフラのプロビジョニングを含む)を実現し、クラウドおよびネットワークインフラの導入コストを削減する」

Nephioとは?

 同サイトでは、「Nephioとは何か」「どんな問題を解決するのか」を次のように説明している。

Nephioとは何か

 Nephioは、Kubernetesをベースに、ネットワーク機能とそれを支えるインフラをインテント(意図)駆動で自動化する。高度なインテントの表現が可能だ。ユーザーは、Nephioによるインテリジェントで宣言的な自動化によって、クラウドとエッジインフラをセットアップし、ネットワーク機能の初期設定をレンダリングし、それらの設定を適切なクラスタに配置してネットワークを稼働させることができる。

Nephio機能ビルディングブロック(提供:Nephioプロジェクト

Nephioはどんな問題を解決するのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。