連載
» 2021年12月08日 05時00分 公開

ネットワークからKubernetesまで、AWS re:Invent 2021におけるインフラ関連の発表7つAWS re:Invent 2021まとめ(1)

AWS re:Invent 2021における多数の発表を、2回に分けてまとめてお届けする。第1回は SD-WAN、Macインスタンス、新たなLocal Zones、Kubernetesサービスの新機能など、インフラ寄りの発表を7つにまとめてみた。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 「あなたたちが欲しいと言ったからだ。あなたたちのせいだ」

 Amazon Web Services(AWS)が2021年11月末から12月初めにかけて開催した年次カンファレンス「AWS re:Invent 2021」で、Amazon CTO(最高技術責任者)のヴァーナー・ヴォーゲルス氏は、多数のAWSサービスのアイコンが映し出された画面を背にし、冗談交じりにこう語った。Amazon EC2インスタンスタイプ(仮想/物理マシンの種類)だけをとっても、475に達する。

AWSのサービスは、ここに見えるだけではない。また、個々のインスタンスタイプはアイコン化されていない

 こうしたサービスの中には、既存サービスの改善や、既存サービスを使いやすくするためのサービスも少なからず存在する。ヴォーゲルス氏はデータレイクを構築できる「AWS Lake Formation」を例に取り上げ、 全てのサービスがAPIできめ細かく制御できるようになっているからこそ、他をまとめるサービスが構築できると自慢した。

 前CEOのアンディ・ジャシー氏は、以前筆者に対して、「最大多数の最大幸福」と語っていた。AWSは、「市場がある」「市場を作れる」「AWS が(大きなビジネスを見込めるため)相手にしたい人たちを惹きつけられる」 といった観点から、サービスを増やし続けている。

 本記事では、AWS re:Invent 2021におけるサービスのうち、仮想インスタンスからKubernetesまで、インフラに近い分野での新サービスや新機能を、できるだけ簡潔に紹介する。

1. AWS内ネットワークをSD-WAN化する「AWS Cloud WAN」

 AWSは、「AWS Cloud WAN」のプレビュー提供を開始した。これは、AWSのネットワークバックボーンを通じたクラウドリソースへの接続を一元的に構築し、管理するツール。「AWSインフラ内のSD-WAN」と考えると分かりやすい。

 複数リージョンにまたがってアプリケーション(多数のVPC)を運用しており、地理的に分散した多数の拠点から接続する必要があるなど、大規模で複雑なAWS利用に対応する。VPCピアリング、Transit Gatewayの設定、リージョン間のルーティングなどを個々に設定したり、変更したりする手間が省ける。

 Cloud WANではまず、自社の接続元と利用AWSリソースを全てつなぎ合わせたフルメッシュ接続の「コアネットワーク」を構築し、これにネットワークポリシーを適用する。SD-WAN製品でよく見られる手法と同様だ。

 コアネットワークは、さまざまなルーティング/アクセスポリシーを持った論理ネットワーク(「開発」「本番運用」「共用」など)にセグメント化し、それぞれを別の暗号化通信として他から隠せる。ネットワーク設定は、単一のJSONファイルに集約され、ダッシュボードで管理できる。ネットワークの監視も、ダッシュボードから一元的に行える。

 Cloud WANはAWSインフラ内だけを対象とし、既存SD-WAN製品と共存・連携できる。つまり、既存SD-WAN製品では本社と各種拠点との接続、各拠点からのインターネットブレークアウトやさまざまなクラウドサービスへのアクセスなどを管理し、AWSインフラ内部については Cloud WANが担当する。

2. Macや機械学習特化型など、新たなインスタンスタイプ

Mac miniを直接使えるMacインスタンス

 「M1 Macインスタンス」のプレビュー提供が、米国の一部で2021年12月に始まった。Macインスタンスについては、2020年のre:Inventで発表していた。iOS/macOSアプリケーションのビルドやテストに、M1チップ搭載のMac miniを直接使える。Thunderbolt経由でNitro Systemに接続しているため、ネットワーク性能は高いという。

Graviton3搭載のC7gインスタンス

 AWSは、自社開発のArmベースプロセッサー「Graviton」で、第3世代の「Graviton3」を紹介した。前世代の「Graviton2」に比べ、演算性能が平均で25%向上したという。これを採用した初のインスタンスとして、AWSは「C7gインスタンス」を発表した(プレビュー)。高い演算能力を要求する処理に適する。ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC) からビデオエンコーディング 、バッチ処理、 CPU負荷の高い機械学習推論などで生きるという。

ディープラーニングの訓練に特化したTraniumとTrn1インスタンス

 深層学習の推論に特化した「AWS Inferentia」というチップに続き、今回AWSは訓練に特化した「AWS Trainium」を披露した。そして、同チップを最大16個搭載する「Amazon EC2 Trn1インスタンス」のプレビュー提供を開始した。

 ネットワーク帯域幅は最大800Gbps。相互接続してスーパーコンピュータークラスターを構成できる。ネットワークのオーバーヘッドが小さく、同じ処理をより少数のインスタンスで実行できるという。自然言語処理、画像認識、物体認識・検知、レコメンデーションエンジンなどの用途を想定している。AWSはさらに、ネットワーク帯域幅をTrn1の2倍の1600Gbpsに引き上げた「Trn1nインスタンス」の提供を予定している。

3. 30以上のLocal Zonesを新設、多くはリージョンがない国への対応

 「AWS Local Zones」は、「リージョンではまかないきれない低遅延ニーズに応えるため」として都市部に設置されてきた小型データセンター。コントロールプレーンは持たず、リージョンにぶら下がる。2019年の発表当初は米国ロサンゼルスに設置され、その後米国の主要都市に拡大した。発表時に「まだリージョンが置かれていない国へサービスを展開する際にローカルリージョンを活用するという選択肢もあるのかもしれない」と書いたが、今回まさにこれが発表された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。