ニュース
» 2022年06月15日 10時00分 公開

Snowflakeが新展開、トランザクションアプリのサポートとネイティブアプリケーションフレームワークを発表トランザクションと分析のサイロを崩す

DWHのSnowflakeが、新機能を通じてトランザクションアプリの開発をサポートすると発表した。また、Snowflakeの機能を活用したデータアプリを迅速に開発できるアプリケーションフレームワークを発表した。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 クラウドデータウェアハウス(DWH)を展開するSnowflakeは2022年6月14日(米国時間)、年次カンファレンス「Snowflake Summit 2022」で多数の発表を行った。新たな取り組みは2つ。第1に、トランザクションアプリケーションをサポートし、トランザクションデータと分析データの統合を図る「Unistore」、第2に、Data Cloud上でネイティブに動くデータアプリケーションを開発できるネイティブアプリケーションフレームワークだ。

 第1のUnistoreは、トランザクションデータと分析データのサイロ化を打破し、単一の基盤に統合するもの。

 まず、ユーザーは、行単位での操作ができる新たなテーブルタイプ「Hybrid Table」(プライベートプレビュー中)を作成できる。これを使って、高速な読み書きが可能なトランザクションアプリケーションを開発できる。

 次に、Hybrid Tableのデータを移動の手間などなしに、直接リアルタイムで分析できる。既存のSnowflakeテーブルとHybrid Tableにまたがったクエリもで可能。

 つまり、Unistoreのメリットは3つある。

  1. トランザクションデータを即座に分析できる
  2. トランザクションアプリケーションを開発できる
  3. トランザクションデータと分析データを単一の基盤に統合できる

 Snowflakeプロダクト担当上席副社長のクリスチャン・クレイナマン氏は、次のように話している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。