ニュース
» 2022年07月07日 17時00分 公開

IoTデバイス100億台突破の“光と影” 次に伸びる分野と課題は60以上の統計データを集計

比較サイトのComparitech.comは、IoTの普及拡大が幅広い分野で進んでいることを示す60以上の統計データを紹介した。デバイスの普及台数は100億台を超え、幅広い分野で役立っているものの、システム構築に携わる人員が不足している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 比較サイトのComparitech.comは2022年6月27日(英国時間)、IoT(モノのインターネット)の普及拡大が幅広い分野で進んでいることを示す60以上の統計データを紹介した。

 これらのデータは、「IoTの概要」「IoT開発」「ヘルスケアIoT」「産業、エネルギー、建設IoT」「農業IoT」のカテゴリー別に分類されている。

IoTの概要

 Cisco Systemsによると、インターネットに接続された“モノ”の数は、2008〜2009年ごろに人間よりも多くなった。こうしたデバイスはその後も急増しており、以下の統計は、IoTがいかに大きく成長しているのかを示していると、Comparitechは紹介している。

 2021年にIoT接続デバイスの数は、100億台を超えた(出典:DataProt)。

 2025年には、IoT接続デバイス数は250億台以上になる見通しだ(出典:GSMA Intelligence)。

 2027年までに、IoTデバイスは410億台に達する見通しだ(出典:Business Insider)。

 世界のIoT市場は2019年に2507億2000万ドル規模に達した。2027年までに約1兆4631億9000万ドルに成長すると予想されている(出典:Fortune Business Insights)。

 IoTでは、スマートフォンが大きな部分を占めている。スマートフォンの総ユーザー数は2021年に60億人を突破した(出典:Ericsson)。

 Ericssonは2024年までに、インターネット接続デバイスのうち、スマートフォンが90億台近くを占めると予想している(出典:Ericsson Mobility Report)。

 スマートホームデバイスは、今後もIoTの主要な構成要素になる。2020年のスマートホームデバイス出荷台数は8億台を超え、2019年比で4.5%増加した。出荷台数は2025年までに14億台を超える見通しだ(出典:IDC)。

 2021年には、米国世帯のスマートホームデバイス所有率は約41.9%だった。2025年には48.4%に上昇すると予想されている(出典:eMarketer)。

 2023年までに、スマートホームデバイスの購入台数は19.4億台を超え、売上高は780億ドルを超える見通しだ(出典:Strategy Analytics)。

 “スマートシティー”は、IoTの主要な新しいコンセプトだ。公表されたIoTプロジェクトの5分の1以上は、何らかのIoT主導の“スマートシティー”を含んでおり、これらの“スマートシティー”の43%が北米で発表されている(出典:IoT Analytics)。

 2025年までに、企業に対するサイバー攻撃全体の4分の1以上がIoTベースになる(出典:Gartner)。

 IoTが普及した影響もあって、データサイエンティストの需要が、既存の専門家の数をはるかに上回っている。これが悪影響を生んでいる。2020年には、IoTソリューションプロバイダーとエンタープライズユーザーの18%が、IoTプロジェクトが全く成功していないと回答しており、40%はほとんど失敗していると回答した(出典:Beecham Research)。

 2023年までに、人間1人に対して3台以上のインターネット接続デバイスが存在するようになる(出典:Cisco Systems)。

IoT開発

 多くの企業が現在、IoT開発を自社で進めるか、専門のソフトウェア開発会社を利用して展開している。IoT開発における最大の焦点の一つはセキュリティであり、開発者はIoTに強力なセキュリティ対策を実装するだけでなく、セキュリティ目的のIoTソリューションも増やそうとしている。

 IoT開発者は主にセキュリティ(39%)に関心を持っており、次に関心が高いトピックが接続(27%)とデータ収集および分析(26%)だ(出典:Eclipse Foundation)。

 NETSCOUT SYSTEMSが2019年に発表した「Threat Intelligence Report」によれば、IoTデバイスがインターネットに接続されてから、攻撃者がシステムをハッキングするまでにかかる時間は平均でわずか5分であるという。IoTサイバー攻撃の効率が向上したのは、スマートデバイスの普及が進んだ結果だと考えられる(出典:NETSCOUT SYSTEMS)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。