ニュース
» 2022年07月13日 08時00分 公開

「AIの“社会で果たす役割”が大きくなっている」とIBMが訴える、これだけの根拠「サステナビリティー」への取り組みとしても導入が進む

日本IBMは、「世界のAI導入状況 2022年(Global AI Adoption Index 2022)」の日本語版を発表した。それによると、AIが利用しやすく、実装しやすくなってきており、世界のAI導入率は着実に高まっているという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日本IBMは2022年7月12日、「世界のAI導入状況 2022年(Global AI Adoption Index 2022)」の日本語版を発表した。

画像 「世界のAI導入状況 2022年」(提供:日本IBM

 これは、企業のAI(人工知能)導入について調査した結果をまとめたもの。調査対象は世界19カ国(米国、英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、中国、インド、シンガポール、オーストラリア、カナダ、アラブ首長国連邦、韓国、ブラジル、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン、チリ、ペルー)の経営層で、計7502人から有効回答を得た。

「AI導入は確実に進んでいる」

 調査結果によると2022年の「企業のAI導入率」は、対前年比13ポイント増の35%だった。「AIの導入を検討している」と回答した企業の割合は42%となっており、企業規模別では、大企業の方が中堅企業よりもAI導入率が高かった。国別に見ると、中国とインドのAI導入率が高く、これらの国では60%近くの企業がAIを積極的に利用している。それに対して韓国は22%、オーストラリアは24%、米国は25%、英国は26%にとどまった。業種別で見ると、金融サービスやメディア、エネルギー、自動車、石油、航空宇宙でAIを積極的に導入している企業が多く、小売や旅行、政府/連邦サービス、医療ではAI導入率が低かった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。