ニュース
» 2022年04月13日 08時00分 公開

プログラミング言語の人気ランキング、順位変動は縮小傾向にある――RedMonkが調査DartがRustに並ぶ

RedMonkが発表した2022年第1四半期のプログラミング言語ランキングによると、JavaScript、Python、Javaがトップ3を占めた。KotlinやRustの勢いにDartが追随していることも分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 RedMonkは2022年3月28日(米国時間)、2022年第1四半期のプログラミング言語ランキングを発表した。

 このランキングはプロジェクトホスティングサイト「GitHub」の利用状況と、開発者向けQ&Aサイト「Stack Overflow」で話題になった件数を調査した結果を基に作成されている。

 調査の目的はプログラミング言語の利用状況を統計的に表現することではなく、2つの主要な開発者コミュニティーにおけるプログラミング言語の利用状況と言及状況を相関させ、今後の導入動向に関する洞察を得ることにあると、RedMonkは説明している。

プログラミング言語ランキング(2022年第1四半期)(提供:RedMonk) プログラミング言語ランキング(2022年第1四半期)(提供:RedMonk

 RedMonkはGitHubの利用状況(プロジェクト数)に基づく人気度ランキングを横軸に、Stack Overflowでの言及状況(タグの出現回数)に基づく人気度ランキングを縦軸に取った個々のプログラミング言語をプロットした結果を次の図で示した。

2022年第1四半期のプログラミング言語ランキングTop 20

 RedMonkは前の図で示された最も右上にあるプログラミング言語から順に左下に向かって上位20のプログラミング言語を選び、ランキングしている。

順位 言語名 順位 言語名
1 JavaScript 11 Swift
2 Python 12 R
3 Java 13 Objective-C
4 PHP 14 Shell
5 CSS 14 Scala
5 C# 16 Go
7 C++ 17 PowerShell
8 TypeScript 18 Kotlin
9 Ruby 19 Rust
10 C 19 Dart

 RedMonkによると、上位20言語のうち17言語は、2021年第3四半期から3四半期連続で、同じ順位で推移している。RedMonkは、順位の変動が小さくなってきたことから「われわれは相対的な静止期に入り、業界で一定の均衡が形成されつつあるのかもしれない」と考察している。

 2021年第4四半期と比べて2022年第1四半期に順位が変わった言語は、Java、C++、Dartの3つだった。RedMonkは、これらを含む幾つかの言語を取り上げ、次のようにコメントしている。なお、言語名の後のかっこ内の数字は、順位の変動を示す(「0」は変動なし、「-1」は順位が1つ後退、「-2」は順位が2つ後退)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。