最初の15時間は無料 PCや開発の環境をクラウドで提供する「Microsoft Dev Box」とは?プレビュー版公開

Microsoftは開発チーム向けの仮想デスクトップサービス「Microsoft Dev Box」のプレビュー版を公開した。生産性とセキュリティのバランスを取りやすく、プロジェクトごとの開発環境を用意しておけば、開発者がどこにいても利用できる。

» 2022年08月19日 16時25分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年8月15日(米国時間)、開発チーム向けの仮想デスクトップサービス「Microsoft Dev Box」のプレビュー版を公開した。2022年5月に「Microsoft Build 2022」で発表されたサービスのプレビュー版だ。

 Microsoft Dev Boxは、開発者が高性能かつ安全で、すぐにコーディングを始められる、特定プロジェクト向けのワークステーションをクラウド上にオンデマンドで作成できるマネージドサービスだ。

 メリットは3つある。第一に生産性を高めるために必要な柔軟性と、セキュリティの維持を両立できる。第二にハードウェアの調達のために時間をかける必要がない。第三に開発者がどこにいても同じ開発環境を維持できる。

 利用するには「Microsoft Azure」のポータルにサインインし、「dev box」を検索して、チーム用の「Dev Box」(開発マシン)を作成すればよい。

 以下では、「Microsoft Dev Box」はAzureサービスを指し、「Dev Box」は、Microsoft Dev Boxで作成された開発マシンを指す。

インフラを気にせずコードに集中できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。