統計情報のプロパティに関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(141)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、統計情報のプロパティに関する情報の出力について解説します。

» 2022年08月30日 05時00分 公開
[椎名武史@IT]

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理関数「sys.dm_db_stats_properties」における、統計情報のプロパティに関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server(サポートされている全てのバージョン)、「Azure SQL Database」「Azure SQL Managed Instance」です。

概要

 SQL Serverでは、クエリ実行時にどのインデックスを使用すれば効率的に実行できるかを判断するために統計情報を使用します。統計情報には、値の分布や列間の相関関係などの情報が含まれます。

 「sys.dm_db_stats_properties」では、統計情報のプロパティに関する情報を出力します。パーティション単位の統計情報を取得したい場合は、以前に紹介した「sys.dm_db_incremental_stats_properties」を使用する必要があります。

構文と引数

構文 sys.dm_db_stats_properties (object_id, stats_id)

列名 データ型 説明
object_id int オブジェクトのID
stats_id int 統計のID

出力内容

列名 データ型 説明
object_id int オブジェクトのID
stats_id int 統計のID
last_updated datetime2 オブジェクトが最後に更新された日付と時刻
rows bigint 統計情報が最後に更新された時点のテーブルの行数
rows_sampled bigint 統計の計算時にサンプリングされた行数
steps int ヒストグラムの区間の数
unfiltered_rows bigint フィルター式を適用する前のテーブル内の行数
modification_counter bigint 統計情報が前回更新されてから統計列に対して行われた変更の総数
persisted_sample_percent float サンプリングの割合を明示的に指定しない統計情報の更新に使用されるサンプリングのパーセンテージ

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。