ニュース
» 2022年11月22日 12時30分 公開

Meta、巨大リポジトリ向けコード管理システム「Sapling」を公開 Git互換クライアントをオープンソース化数千万のファイル、ブランチ管理に対応、Web UIも

Meta(旧Facebook)は、社内向けのユーザーフレンドリーでスケーラブルなソースコード管理システム「Sapling」のGit互換クライアントをオープンソース化した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Meta(旧Facebook)は2022年11月15日(米国時間)、社内向けのユーザーフレンドリーでスケーラブルなソースコード管理システム「Sapling」のGit互換クライアントをオープンソース化したと発表した。

 Saplingクライアントは、互換性のあるSaplingサーバおよび仮想ファイルシステム(Metaは将来、これらもオープンソース化したい意向)との組み合わせにより、数千万のファイル、数千万のコミット、数千万のブランチを持つMetaの社内リポジトリを管理してきた。

 MetaはSaplingシステムを、主に大規模なモノリシックリポジトリ(モノリポ)で使用しているが、SaplingクライアントはGitリポジトリのクローンや操作もサポートしており、開発者はGitHubなどのGitホスティングサービスの操作に利用することもできる。

使いやすさとスケーラビリティを重視したSaplingシステム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。