「Git 2.38」で追加、巨大リポジトリ向けの管理コマンド「Scalar」は何ができる?快適な設定を簡単に有効化できる

GitHubは公式ブログで、Gitの最新版「Git 2.38」の主要な新機能として、新しいリポジトリ管理ツール「Scalar」と、「git rebase」コマンドの新しい「--update-refs」オプションを取り上げて紹介した。

» 2022年10月06日 10時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オープンソースの分散バージョン管理システム「Git」の最新版「Git 2.38」が、Gitプロジェクトから公開された。これを受けてGitHubは2022年10月3日(米国時間)に公式ブログで、Git 2.38の主要な新機能として、新しいリポジトリ管理ツール「Scalar」と、「git rebase」コマンドの新しい「--update-refs」オプションを取り上げて紹介した。

大規模リポジトリ向けの管理ツール「Scalar」

 新しいリポジトリ管理ツールのScalarは、大規模なリポジトリに大きな影響を与える、パフォーマンス最適化などさまざまなGit機能のセットをまとめて構成したものだ。Scalarを使い始めるには、「scalar clone」コマンドで新しいリポジトリをクローンする。

$ scalar clone /path/to/repo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。