ニュース
» 2022年11月30日 11時00分 公開

2023年の世界半導体売上高、前年比マイナス成長予測の理由は?経済状況の悪化で過剰供給は避けられず

Gartnerによると、2023年の世界半導体売上高は5960億ドルとなり、前年比で3.6%減少する見通しだ。2022年は同4%増の6180億ドルと予想されている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2022年11月28日(米国時間)、2023年の世界半導体売上高が5960億ドルとなり、前年比で3.6%減少するとの予測を発表した。2022年は同4%増の6180億ドルに達する見通しだ。

 Gartnerは前回の予測では、2023年の世界半導体売上高を6230億ドルとしていたが、環境変化を踏まえて予測を引き下げた。

 Gartnerのプラクティスバイスプレジデントを務めるリチャード・ゴードン氏は「半導体売上高の短期的な見通しは悪化している。世界経済の急速な悪化と消費者需要の減退が、2023年の半導体市場に悪影響を及ぼすだろう」と述べている。

2021〜2023年の世界半導体売上高予測(単位:10億ドル)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。