「エンタープライズインテリジェンス」とは何か? 重要性を示す10の予測データ分析、活用力を高める上で踏まえるべき重要トレンド

IDCは、エンタープライズインテリジェンスの未来に関する予測のトップ10を発表した。エンタープライズインテリジェンスの成熟度によってビジネス成果が大きく異なることから、今後の重要なトレンドを踏まえて、インテリジェンスの強化に取り組むことを企業に勧めている。

» 2022年12月08日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 調査会社のIDCは2022年12月5日(米国時間)、2023年以降のエンタープライズインテリジェンスの未来に関する予測のトップ10を発表した。

 IDCによると、同社のエンタープライズインテリジェンスベンチマーク調査は、エンタープライズインテリジェンスの成熟度によって、ビジネス成果が大きく異なることを示している。エンタープライズインテリジェンスのパフォーマンスが上位4分の1に入る企業は、2020〜2022年に売上高が大幅に伸びている可能性が2.7倍高く、新しい商品、サービス、体験、その他のイニシアチブの市場投入期間を短縮している可能性が3.6倍高いという。

 エンタープライズインテリジェンスのパフォーマンスを高めるには、多くの場合、投資と行動を複数のレベルで協調して進める必要があると、IDCは述べている。これらのレベルには、データプラットフォーム(オープン性、柔軟性、スケーラビリティ、接続性を高める)、パイプラインとプロセス(データをより効果的に一貫して処理し、すぐに洞察が得られるようにする)、ツール(アナリティクスと洞察を構築、提供する)、意思決定を行い、行動を起こすプロセスおよび文化が含まれる。

 IDCは、エンタープライズインテリジェンスに投資する企業は、デジタル世界で同業他社よりも高いレジリエンス(強靭《きょうじん》性、回復力)、アジリティ(俊敏性)、革新性、ダイナミズムを発揮するだろうとの見方を示している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。