ニュース
» 2022年12月20日 08時00分 公開

NISTが「SHA-1」の使用を2030年末までに停止すると発表 企業が今やるべきことは?コンピュータの性能向上で脆弱なSHA-1がますます危険に

NISTは、ハッシュ関数「SHA-1」の使用を2030年12月31日までに完全に停止する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 NIST(National Institute of Standards and Technology:米国立標準技術研究所)は2022年12月15日(米国時間)、ハッシュ関数「SHA-1」の使用を2030年12月31日までに完全に停止すると発表した。

 SHA-1は、原文から160bitのハッシュ値を生成し、通信経路の両端で比較することで、通信途中で原文が改ざんされていないかどうかを検出できる。SSL/TLS、PGP、SSH、S/MIME、IPsec、デジタル署名(コード署名)など、さまざまなアプリケーションやプロトコルで、暗号化やデータの完全性の検証に利用されてきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。