サイバーセキュリティ市場シェア調査 高成長分野を制するベンダーは?エンドポイント分野が最も急成長、ネットワーク分野が最大シェア

Canalysによると、2022年第3四半期のサイバーセキュリティ市場の世界売上高は、前年同期比15.9%増の178億ドルとなった。

» 2022年12月23日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 調査会社のCanalysは2022年12月19日(米国時間)、2022年第3四半期に世界のサイバーセキュリティ市場の売上高が、前年同期比15.9%増の178億ドルとなったと発表した。マクロ経済状況が悪化したものの、SMB(中堅、中小企業)向け市場では需給が逼迫(ひっぱく)したとしている。

 2022年第3四半期の売上高首位はPalo Alto Networksで、前年同期比24.9%増となり、市場シェアは8.4%だった(前年同期のシェアは7.8%)。2位のCisco Systemsは前年同期比16.7%増、市場シェアは6.9%(前年同期も6.9%)。3位のFortinetは前年同期比29.9%増、シェアは6.7%(前年同期は6.0%)。

最も高いのはエンドポイントセキュリティの成長率

 売上高をカテゴリー別に見ると、エンドポイントセキュリティが前年同期比18.7%増の27億ドルとなり、最も成長率が高かった。ネットワークセキュリティが前年同期比14.8%増の51億ドルとなり、最大のカテゴリーとなった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。