2022年に躍進したWeb技術とは? Q-Successが17分野を調査CMS、サーバサイドプログラミング言語、JavaScriptライブラリなど

Q-Successは17種類のWeb技術について、2023年1月1日と2022年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2022」として発表した。

» 2023年01月12日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトウェア品質管理コンサルティングやインターネットベースの各種サービスを手掛けるQ-Successは2023年1月3日(米国時間)、さまざまなWeb技術について、2023年1月1日と2022年1月1日の使用Webサイト数を比較し、最も増加数が大きかった上位3つの技術を「Web Technologies of the Year 2022」として発表した。

 「Web Technologies of the Year」は、同社のWeb技術調査サービス「W3Techs - World Wide Web Technology Surveys」の一環として毎年結果が発表されている。

 同サービスの調査対象は、Webサイトのコンテンツ分析とサイト間のリンク構造に基づいて、「何らかの意味のあるコンテンツや機能を備えている」と見なした数百万のサイトだ(Q-Successはこれらのサイトを「relevant websites」と定義している)。既定のWebサーバページしか表示しないサイトなど、有用なコンテンツを持たないサイトや、他のサイトとコンテンツが重複しているサイトは、調査対象から除外しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。