キーワードは「CX」と「GX」? IDCが国内第3のプラットフォーム市場予測を発表2026年には25兆1104億円に

IDC Japanは、国内第3のプラットフォーム市場の予測を発表した。2022年の市場規模は、対2021年比7.0%増の20兆992億円の見込み。2021〜2026年の年間平均成長率を6.0%と見ており、2026年には25兆1104億円に達すると予測する。

» 2023年02月13日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2023年2月9日、国内「第3のプラットフォーム」市場の予測を発表した。2022年の市場規模は、対2021年比7.0%増の20兆992億円の見込み。2021〜2026年の年間平均成長率(CAGR)を6.0%とみており、2026年には25兆1104億円に達すると予測している。

画像 2021〜2026年の国内「第3のプラットフォーム」市場の支出額予測(提供:IDC Japan

 第3のプラットフォーム市場に含まれる要素は大きく2つ。1つ目はクラウドやモビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術といった4つの主要技術(4ピラー)で構成される「技術プラットフォーム」。もう1つは、AI(人工知能)、AR/VR(拡張現実/仮想現実)、IoT(Internet of Things)、ロボティクス、3Dプリンティング、次世代セキュリティ、ブロックチェーンといった7つの技術のうち、従来のICT市場に該当するハードウェア、ソフトウェア、サービス、通信サービスを指す。

「通信」と「情報サービス」は支出が拡大

 産業分野別で見ると「小売」「個人向けサービス」「運輸」については、他の産業分野に比べて成長率が相対的に高くなる見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。