「機会を見逃した企業は生き残れない」、IT運用は今後5年間でデータ主導になる IDC予測運用の未来に関する予測トップ10

IDCは、IT運用の未来に関する予測のトップ10を発表した。運用データの活用により、今後5年間にIT運用の変革が進むとみている。

» 2022年12月22日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 調査会社のIDCは2022年12月15日(米国時間)、IT運用の未来に関する予測のトップ10を発表した。これらの予測は、「企業が運用データを管理、分析し、社内外のコラボレーションに活用する新しい効果的な方法を見いだすことで、今後5年間にIT運用の変革が進むことを示している」としている。

 IDCは、IT運用の現状について「企業がサプライチェーンの混乱、エネルギーコストの上昇、人材の制約、サステナビリティ(持続可能性)指標の改善圧力に苦労する中、どの業種でも、オペレーショナルエクセレンス(運用の効率、効果の向上による競争優位の構築)とオペレーショナルレジリエンス(運用における強靭《きょうじん》性や回復力の構築)が、引き続き課題となっている」との認識を示している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。