ChatGPTのようなエージェントを開発できる? 大規模言語モデルを活用可能なPaaS「Fixie.ai」登場自然言語に基づいて問題を解決するスマートエージェントを構築

Fixie.aiは、大規模言語モデルを活用できるPaaS「Fixie.ai」を発表した。

» 2023年02月14日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Fixie.aiは2023年2月7日(米国時間)、クラウドでホストされ、大規模言語モデルを活用できるPaaS(Platform as a Service)「Fixie.ai」を発表した。

 Fixie.aiは、GoogleとAppleの元幹部社員(エンジニア、プロダクトリーダー、AI専門家)が2022年に設立した新興企業。英単語の「fixie」は、後輪のギアが後輪の車軸に固定され、後退も可能で、ブレーキがない自転車を指す。

 同社は今回発表したFixie.aiを、「独自のデータソース、システム、ツールに接続し、大規模言語モデルの能力を拡張するスマートエージェントを構築、ホスト、スケーリングするための新しいプラットフォーム」と説明している。

 最近では、自然な会話ができる高機能Webサービスに使われている、人との対話をターゲットとする大規模言語モデル「ChatGPT」が話題を呼んでいるが、Fixie.aiプラットフォームは、「ChatGPTが提供するような体験を構築する方法であり、新しい機能やあらゆるソフトウェアシステムとのインタフェースにより、無限に拡張できる」と考えることができると、Fixie.aiは述べている。

Fixie.aiは、大規模言語モデルを外部のAPIやデータソース、ツールに接続する(提供:Fixie.ai)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。