ニュース
» 2023年04月03日 08時00分 公開

New Relic、GPT APIの使用量、コスト、パフォーマンスを監視できる「OpenAI Observability」を提供開始GPT-4もサポート

New Relicは2023年3月15日、「OpenAI Observability(OpenAIオブザーバビリティ)」の提供を開始した。GPTのAPIを使うアプリケーションにおいて、パフォーマンスの最適化、コスト削減、結果の質の向上を実現できるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オブザーバビリティ(可観測性)プラットフォームを提供するNew Relicは2023年3月15日(米国時間)、OpenAIが提供する「GPT」シリーズのAPIで構築されたアプリケーションを監視する「OpenAI Observability(OpenAIオブザーバビリティ)」の提供を開始した。

 OpenAIオブザーバビリティは、先日リリースされたGPT-4を含め、現時点で全てのバージョンのGPTをサポートする。

 追加ライセンス購入の必要はなく、New Relicアカウント(期間無制限の無料枠)に登録すると、「New Relic Instant Observability(I/O)」でOpenAIオブザーバビリティを利用できる。

「OpenAIオブザーバビリティ」のダッシュボード(提供:New Relic)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。