ビッグデータの保存、処理に特化したプラットフォーム「YTsaurus」がOSS化「増加し続ける負荷に対応する大規模企業が最も恩恵を受ける」

Yandexは、ビッグデータを保存、処理するためのプラットフォーム「YTsaurus」のオープンソースソフトウェア(OSS)化を発表し、ソースコードを公開した。

» 2023年04月05日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Yandexは、2023年3月20日(米国時間)、同社が開発する「YTsaurus」のオープンソースソフトウェア(OSS)化を発表し、ソースコードを公開した。YTsaurusは、ビッグデータを保存、処理するためのプラットフォームだ。

 同社によると、YTsaurusは、分析から数十億のパラメータを持つ複雑なモデルのトレーニングまで、幅広いタスクに適しているという。「Yandex Search」はYTsaurusを使用して検索インデックスを構築し、自動運転車はライドデータの処理やアルゴリズムを改善するためにYTsaurusを使用している。YTsaurusは、Yandexのスーパーコンピュータを管理し、計算能力を可能な限り効率的に使用するように負荷を分散するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。