連載
» 2023年05月08日 05時00分 公開

「ブルースクリーン」からの回復:絶望する前に行うべき手順書【Windows 10/11】Tech TIPS

システムがブルースクリーンエラーを発生するようになったり、Windows 10/11の動作が不安定になったりしていないだろうか。これは更新プログラムのインストールなどに失敗したことで、システムファイルの不整合が起きている可能性がある。最悪、Windows 10/11の再インストールが必要になるが、その前にシステムファイルチェッカーを使用して、システムファイルの復元を試みるとよい。その方法を紹介しよう。

[小林章彦デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10/11


ブルースクリーンエラーが発生するようになった場合の対処方法 ブルースクリーンエラーが発生するようになった場合の対処方法
Windows 10/11を使っていると、突然ブルースクリーンエラーが発生するようになることがある。原因は幾つか考えられるが、更新プログラムの適用の失敗などによってシステムファイルが破損してしまったことが原因となっていることも多い。その場合の対処方法を紹介しよう。

 Windows OSを長く使っていると、ブルースクリーンエラーが発生するようになったり、特定の機能が実行できなくなったりと、システムが不安定になってしまうことがある。

 幾つか考えられる原因の1つがシステムファイルの不整合や破損だ。Windows 2000以降のWindows OSには、Windowsファイル保護(WFP:Windows File Protection)」と呼ばれる、保護対象のシステムファイルに不整合や破損が起きた場合、自動的に修復する機能が実装されている。それでも、更新プログラムの適用に失敗したり、予期しない再起動が発生したりして、システムファイルが破損してしまったままになることがある。

 そこで、Windows 10/11でシステムファイルに不具合が発生した場合の復元方法を紹介しよう。

SFCコマンドでシステムの修復を行う

 何らかの理由からシステムファイルが破損した場合は、システムファイルチェッカーツール(SFCコマンド)を使うことで修復できる可能性がある。

 管理者としてコマンドプロンプトもしくはWindowsターミナルのコマンドプロンプト/PowerShellを起動し、そこで以下のコマンドを実行すればよい。

sfc /scannow


システムファイルチェッカーツールでシステムファイルの修復を行う

オプション名 機能
/SCANNOW 保護されている全てのシステムファイルを直ちにスキャンし、不整合などがあった場合は正しいファイルに置き換える
/SCANONCE 保護されている全てのシステムファイルを、次回の起動時に1回スキャンするように設定する
/SCANBOOT 保護されている全てのシステムファイルを、コンピュータが起動するたびにスキャンする
/REVERT スキャンの設定をデフォルトに戻す
/PURGECACHE ファイルキャッシュを削除して、保護されている全てのシステムファイルを直ちにスキャンする
/CACHESIZE=<キャッシュサイズ> ファイルキャッシュのサイズを指定した容量(単位:MB)に設定する(デフォルトは50MB)
SFC.EXEのオプション一覧

 システムのスキャンが実行され(しばらく時間がかかる)、システムファイルの破損が見つかった場合は、「Windowsリソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました」と表示され、自動的に修復が行われる。

SFCコマンドでシステムファイルを修復する SFCコマンドでシステムファイルを修復する
破損されたファイルが見つかった場合は、自動的に修復が行われる。

 なお、破損がなかった場合は「Windowsリソース保護は、整合性違反を検出しませんでした」と表示される。

SFCコマンドでシステムファイルの破損が見つからなかった場合 SFCコマンドでシステムファイルの破損が見つからなかった場合
システムファイルの破損が見つからなかった場合は、「整合性違反を検出しませんでした」と表示される。

DISMコマンドでシステムの修復を行う

 DISMコマンドを使うことで、システムイメージのチェックを行い、破損などがある場合はWindows Updateを用いて破損ファイルの修復が行える。管理者としてコマンドプロンプトもしくはWindowsターミナルのコマンドプロンプト/PowerShellを起動し、そこで以下のコマンドを実行すればよい。

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth


DISMコマンドを使ってシステムイメージを修復する

 コマンドが実行後、ステータスが100%になるまで待ち、「操作は正常に完了しました」と表示されれば、復元作業が終了だ。

DISMコマンドで修復を行う DISMコマンドで修復を行う
DISMコマンドを使って、イメージファイルからシステムファイルの修復を行うこともできる。「/Restorehealth」オプションを使うと、ファイルの修復が自動的に行われる。

 システムファイルの不整合や破損があった場合は、これで修復できる。

最新の更新プログラムを適用する

 更新プログラムの適用後、システムが不安定になった場合、その更新プログラムに起因している可能性がある。その場合、最新の更新プログラムが提供されているなら、それを適用することで状況が改善される可能性がある。

 Windows 10の場合、[Windowsの設定]アプリの[更新とセキュリティ]−[Windows Update]画面を開き、更新プログラムが提供されていないか確認しよう。Windows 11の場合、[設定]アプリの[Windows Update]画面で確認可能だ。

 前回の更新プログラムで発生した不具合を解消したものが、「オプションの更新プログラム」として提供されている可能性もあるので、システムが不安定なら、[ダウンロードとインストール]をクリックして、手動で適用してみるとよい。

最新の更新プログラムを適用する(Windows 10) 最新の更新プログラムを適用する(Windows 10)
更新プログラムに不具合があった場合、その不具合を修復した更新プログラムが提供されることがある。[Windows Update]画面を開き、更新プログラムが提供されていたら、それを適用することでエラーが解消されることもある。

最新の更新プログラムを適用する(Windows 11) 最新の更新プログラムを適用する(Windows 11)

 ただ、更新プログラムが原因でシステムが不安定になっていたとしても、すぐに不具合が解消された更新プログラムが提供されるとは限らない。そのため、最新の更新プログラムを適用したからといってシステムが安定するとは限らないことに注意してほしい。

更新プログラムが原因ならアンインストール

 最新の更新プログラムを適用してもシステムが安定しない場合、逆に不安定の原因となっていると思われる更新プログラムをアンインストールするという方法がある。

 ただし、セキュリティ更新プログラムをアンインストールすると既知の脆弱性がシステムに発生してしまい、ウイルス感染などセキュリティ上の危険性が増してしまう。そのため、普段よりサイバー攻撃などに十分注意してWindows OSを利用しなければならない。

Windows 10で更新プログラムをアンインストール方法

 Windows 10で更新プログラムをアンインストールするには、[Windowsの設定]アプリの[更新とセキュリティ]をクリックし、[更新とセキュリティ]−[Windows Update]画面を開き、「更新の履歴を表示する」をクリックする。[更新の履歴を表示する]画面が開いたら、[更新プログラムをアンインストールする]リンクをクリックする。

 [コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットが[インストールされた更新プログラム]画面の状態で開くので、ここで、「インストール日」で並び替えて、不具合の発生原因となっている(日付の新しい)更新プログラムを選択し、[アンインストール]をクリックすればよい(詳細は、Tech TIPS「【Windows 10】更新プログラムで不具合発生! そんなときは慌てずアンインストール」参照のこと)。

Windows 10で更新プログラムをアンインストールする(1) Windows 10で更新プログラムをアンインストールする(1)
[Windowsの設定]アプリの[更新とセキュリティ]−[Windows Update]画面を開き、[更新の履歴を表示する]をクリックする。
Windows 10で更新プログラムをアンインストールする(2) Windows 10で更新プログラムをアンインストールする(2)
[更新の履歴を表示する]画面になったら、[更新プログラムをアンインストールする]をクリックする。
Windows 10で更新プログラムをアンインストールする(3) Windows 10で更新プログラムをアンインストールする(3)
[コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットが[インストールされた更新プログラム]画面の状態で開くので、ここで、「インストール日」で並び替えて、不具合の発生原因となっていると思われる(日付の新しい)更新プログラムを選択し、[アンインストール]をクリックする。

Windows 11で更新プログラムをアンインストール方法

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。