GitHub、「GitHub Enterprise Cloud」へのセルフサービス移行ツールをリリースコードや履歴、コラボレーションコンテキストをシームレスに移行

GitHubは、チームがコードや履歴、コラボレーションコンテキストを「GitHub Enterprise Cloud」に移行できるセルフサービスツール「GitHub Enterprise Importer」を発表、公開した。

» 2023年06月16日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2023年6月12日(米国時間)、チームがコードや履歴、プルリクエスト、レビュー、コメントなどといったコラボレーションコンテキストを「GitHub Enterprise Cloud」に移行できるセルフサービスツール「GitHub Enterprise Importer」を発表、公開した。

 GitHub Enterprise Importerでは、「GitHub Enterprise Server」「Azure DevOps」「Bitbucket Data Center」「Bitbucket Server」からGitHub Enterprise CloudやGitHub.comに移行できる。これまでに2000社以上の顧客がGitHub Enterprise Importerを使って、40万以上のリポジトリをGitHub Enterprise Cloudに移行している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。